ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

地震による電気火災対策

[2018年6月26日]

ID:17750

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

グラフ




 東日本大震災における本震による火災111件のうち、原因が特定されたものが108件。

 そのうち過半数が電気関係の出火でした。

地震が引き起こす電気火災とは?

 地震の揺れに伴う電気機器からの出火や、停電が復旧したときに発生する火災のことです。
火災に逢った街並みの画像









 東日本大震災で発生した火災現場
 (東大阪市消防局撮影)

電気火災事例(その1)

 地震で本棚が倒れ、雑誌が電気ストーブ周辺に散乱

       ↓

 停電した状態から通電し、ストーブが作動

       ↓

 紙類に着火火災が発生

電気火災事例(その2)

 家具が転倒し、「電気コード」が下敷きや引張で損傷

       ↓

 通電の瞬間、コードがショート

       ↓

 散乱した室内で、近くの燃えやすいものに着火

感震ブレーカーが効果的です!

 感震ブレーカーは、地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気を止めます。

分電盤タイプ(内蔵型)

分電盤内蔵型の写真

 分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、ブレーカーを落として電気を遮断

 約5~8万円(標準的なもの)
 電気工事が必要です

分電盤タイプ(後付型)

分電盤後付型の写真

 分電盤に感震機能を外付けするタイプで、漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能

 約2万円
 電気工事が必要です

コンセントタイプ

コンセントタイプの写真

 コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、コンセントから電気を遮断

 約5,000円~2万円
 電気工事が必要なタイプと、コンセントに差し込むだけのタイプがある

簡易タイプ

簡易タイプの写真

 ばねの動作や重りの落下によりブレーカーを落として、電気を遮断

 3,000円~4000円程度
 電気工事が不要

 感震ブレーカーを設置して電気火災から「家」・「地域」を守ろう

参考資料・リーフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 消防局 警防部予防広報課 

電話: 072(966)9662・3

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム