ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

国民年金の手続き

[2012年2月29日]

ID:3240

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

こんなときは手続きを

会社をご退職されたとき(国民年金第2号⇒国民年金第1号)                               配偶者の扶養から外れたとき(国民年金第3号⇒国民年金第1号)

年金手帳または基礎年金番号通知書、印かん、退職年月日の確認できる書類(雇用保険離職者票、雇用保険受給資格者証、退職証明書等)、や健康保険・厚生年金資格喪失証明書等をもって国民年金加入手続きをしてください。

保険料の納付が困難なとき

年金手帳または基礎年金番号通知書、印かん、
失業の方は、雇用保険離職票、雇用保険受給資格者証、これらの書類に準ずる公的機関の証明のコピー等をもって免除の申請手続きをしてください。

学生で保険料の納付が困難なとき

年金手帳または基礎年金番号通知書、印かん、学生証等をもって学生納付特例の申請手続きをしてください。

年金を受けようとするとき、死亡したとき

下記の東大阪年金事務所または国民年金課までお問合せください。

お手続きが不要になりました

20歳になられた際の加入手続き

令和元年10月から20歳になられた際の加入手続きが不要になりました。日本年金機構により自動的に加入の処理が行われ、約2週間後に加入の通知、納付書、免除申請書や年金手帳がそれぞれ送付されます。

※ただし、加入月(お誕生日の前日の属する月)からの前納や付加保険料納付をご希望される場合は加入月中でのお手続きが必要になります。


第1号被保険者・任意加入被保険者の方の住所、氏名が変わったとき

平成30年3月からマイナンバーによる情報連携が行われている為、住所変更・氏名変更のお手続きが不要になりました。

市役所以外の問合せ先

お問合せ

東大阪市 市民生活部 国民年金課 

電話: 06(4309)3165

ファクス: 06(4309)3805

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム