ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

入院時食事療養費

[2018年3月15日]

ID:2719

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 入院時の食事代が平成30年度4月1日より、1食460円に改定となります。(平成30年3月31日までは1食360円) なお、住民税非課税世帯に属する方は据え置きとなります。

 入院中の食事にかかる費用のうち1食460円を被保険者に負担していただき、残りを国保が入院時食事療養費として負担します。

 住民税の非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することにより、負担額が減額されます。なお、食事代は高額療養費の算定には入りません。

 申請月の1日から適用され、申請月以前の分については、さかのぼって適用されませんのでご注意ください。なお、1日の負担額は、3食に相当する額を限度とします。

入院時食事療養費
 区分 標準負担額
 一般

 1食あたり460円

(平成30年3月31日までは360円)

 市民税非課税世帯または70歳以上で低所得者2(過去12か月の入院日数が90日まで) 1食あたり210円
 市民税非課税世帯または70歳以上で低所得者2(過去12か月の入院日数が90日を超える) 1食あたり160円(91日目から)
 70歳以上で低所得者1 1食あたり100円

お問合せ

東大阪市 市民生活部 医療保険室 資格給付課 

電話: 06(4309)3167

ファクス: 06(4309)3804

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています