ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

地域密着型サービス外部評価の実施回数の緩和について

[2019年4月22日]

ID:23616

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域密着型サービス外部評価の実施回数の緩和に係る取扱いの変更について

 地域密着型サービスのうち認知症対応型共同生活介護事業者(介護予防を含む。)については、年に1回以上外部評価を受け、その結果等を公表することが義務付けられていますが、大阪府地域密着型サービス外部評価実施要綱において、一定の要件(5年継続受審等)を満たす場合は外部評価の実施回数を2年に1回に緩和できる旨定めています。


 本件については、実施回数の緩和が可能な事業所に対し、本市から通知を行っておりましたが、より適切な制度運用を図るため、平成30年度から、実施回数の緩和を希望する事業所が申請する方法に改めました。


※手続きの流れ及び要綱・要領等詳しくは、大阪府のページ「地域密着型サービスの外部評価制度について」をご覧ください。


※自己評価・外部評価結果の提出については、自己評価・外部評価結果提出のページをご覧ください。

提出方法

実施回数の緩和を希望する事業所は、下記により、提出書類を本市に提出してください。


1.提出期限

 毎年6月(月末開庁日必着)


2.提出書類

 (1)地域密着型サービス外部評価実施回数緩和申請書(様式1)

  ※様式のあて先は大阪府知事のままで提出してください。

 (2)提出する年度内と前年度に実施した運営推進会議の議事録


3.提出先(郵送又は来庁)

 〒577-8521東大阪市荒本北一丁目1番1号

 東大阪市福祉部指導監査室施設課

 地域密着型サービス外部評価担当あて

お問合せ

東大阪市 福祉部  指導監査室 施設課 

電話: 06(4309)3315

ファクス: 06(4309)3813

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています