ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

水道管の凍結にご注意ください!

[2019年1月7日]

ID:21537

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

気温がマイナス3℃から4℃を下回ると、水道管やじゃ口が凍って水が出なくなったり、破裂して漏水することがありますのでご注意ください。

特に多いのが、次のようなところです。

  • むき出しになっている屋外の水道管
  • 風当たりの強い場所にある水道管
  • 家の北側など、日陰にある水道管


凍結を防ぐには??

屋外でむき出しになっている水道管に布や毛布を巻き、その上からビニルテープを巻きつけます。

濡れないように、すき間なく巻くことがポイントです(市販されている保温材などもあります)。

凍ってしまった!!どうしよう・・・

水道管が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか、水道管やじゃ口にタオルや布を被せて、その上からぬるま湯をゆっくりとかけてください。

急に熱湯をかけると、水道管が破裂したりヒビ割れしたりすることがありますので、ご注意ください。

あっ、破裂した!!そんなときは??

水道管が破裂したときは、メーターボックス付近の止水栓を閉めて水を止めてください。

その後、破損した箇所を布かテープで塞いでから、指定給水装置工事事業者へ修繕の依頼をしてください(有料)。

水道メーターの破損や水道メーターより外側にある配管の破裂につきましては、上下水道局が交換いたします(無料)。

指定給水装置工事事業者

お問合せ

東大阪市 上下水道局水道総務部 総務課 

電話: 06(6724)1221

ファクス: 06(6721)2374

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


水道管の凍結にご注意ください!への別ルート