ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

食品ロスの削減

[2020年2月28日]

ID:19255

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食品ロスとは

食品ロスとは、まだ食べられる状態であるにも関わらず捨てられてしまう食品です。

食品ロスの現状

日本で1年間に発生する食品廃棄物は約2,800万トンもあります。

このうち、国内で発生する食品ロスは年間600万トン以上であると推計されています。

これは、全世界の食糧援助量(約320万トン)の約2倍になります。

東大阪市では・・・

平成26年度に実施した一般廃棄物組成分析調査報告書によると、家庭から排出される可燃ごみ(家庭ごみ)の約38.6%が生ごみであり、そのうち、約3.8%が手つかず食品(何も手を付けていない食料品)と推定されています。

平成29年度の可燃ごみは、約9万トン排出されており、食品ロスの中には、手つかず食品以外に食べ残しや調理くずもあることを含めると、市内で発生している食品ロスは、約3,300トンあります。これは、市民1人あたりに換算すると約7kgになります。

その他関連情報

ご家庭で食品ロス削減にトライ

ご存知ですか?「消費期限」と「賞味期限」の違い

消費期限とは・・・開封していない状態で表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限

賞味期限とは・・・開封していない状態で表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限

食品の期限表示に関する情報(消費者庁)【外部サイトに移動します】

ご家庭で取り組める方法

  1. 食材の買いすぎを控えましょう
  2. 賞味期限切れで捨てられる食品や食べ残しをなくしましょう
  3. 野菜などの食材はできるだけ無駄なく使い切るなど、エコクッキングを心がけましょう

エコクッキングとは

エコクッキングとは、環境のことを考えながら「買い物」「料理」「片づけ」を行う食生活のことです。

CookPad内の消費者庁掲載のページ【外部サイトに移動します】では、エコ料理について掲載しておりますのでご覧ください。

お問合せ

東大阪市 環境部 循環社会推進課 

電話: 06(4309)3199

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています