ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

エコアクション21(EA21)について

[2018年6月7日]

ID:19003

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「エコアクション21」導入説明会 参加者募集中! & 「Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業」募集開始!

 ◆現在、平成30年度「エコアクション21」導入説明会(平成30年6月14日(木曜日)開催)の参加者を募集しています。

 詳しくは、以下の「東大阪市イニシアティブ・プログラム」の項目をご覧ください。エコアクション21の導入を検討される企業のお申し込みをお待ちしています。

 ◆6月1日(金曜日)より、平成30年度「Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業」の参加事業者について募集開始となりました。

 詳しくは、以下の「Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業について」の項目をご覧ください。


 ※エコアクション21の概要については、以下の説明をご覧ください。


エコアクション21、エコアクション21認証・登録制度とは

 エコアクション21(EA21)は、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。一般に、「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者等が環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。エコアクション21は、あらゆる事業者が効果的、効率的、継続的に環境に取り組んでいただけるよう工夫されており、中小事業者でも取り組み易い環境マネジメントシステムです。
 また、エコアクション21認証・登録制度は、環境省が策定したガイドラインに基づき、エコアクション21に取り組む事業者を、第三者機関できる中央事務局が認証・登録するものです。

エコアクション21の特徴

 中小企業でも容易に取り組める環境経営システムです

 エコアクション21では、事業者の環境への取組を促進するとともに、その取組を効果的・効率的に実施するため、国際標準化機構のISO14001規格を参考としつつ、中小事業者にとっても取り組みやすい環境経営システムのあり方を規定しています。
 この環境経営システムを構築、運用、維持することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上等、経営面でも効果があります。

 必要な環境への取り組みを規定しています

 環境経営システムが構築、運用、維持されているといっても、それだけでは環境への取組を十分に実施していることにはなりません。エコアクション21では、必ず把握すべき環境負荷の項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量及び水使用量を規定しています。
 さらに、必ず取り組んでいただく行動として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水、自らが生産・販売・提供する製品の環境性能の向上及びサービスの改善などを規定しています。
 これらの環境への取り組みは、環境経営にあたっての必須の要件です。

 環境コミュニケーションに取り組みます

 事業者が環境への取組状況等を公表する環境コミュニケーションは、社会のニーズであるとともに、自らの環境への取組を推進し、さらには社会からの信頼を得ていくために必要不可欠の要素となっています。
 エコアクション21では、環境経営レポートの作成と公表を必須の要件として規定しています。環境コミュニケーションに対する真摯な姿勢こそが、社会からの信頼を勝ち得るとともに、企業がより発展していくための重要な方法の一つであると言えます。

 事業者の自主的・積極的な取り組みを第三者が評価します

 エコアクション21に自主的・積極的に取り組み、ガイドラインで規定している環境経営システム及び環境経営レポートの要求事項を満たす事業者に対し、第三者が一定の評価を与える制度としてエコアクション21の認証・登録制度が実施されています。この制度において認証・登録を受けるためには、事業者は「全組織・全活動(事業活動及び製品・サービス)を対象にエコアクション21に取り組む」ことが必要です。

エコアクション21に取り組むメリット

 総合的な環境対応が可能

 エコアクション21ガイドラインには、『環境経営システム』、『環境への取り組み』、『環境コミュニケーション』の三要素がひとつに統合されています。そのため、ガイドラインに沿って取り組みを行うことで、環境への取り組みを総合的に進めることができます。

 経営面での効果も期待

 環境経営システムの仕組みを作り、継続的に改善していくことにより、環境面だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等の、経営面での効果もあげることができます。

 取引条件への対応/ビジネスチャンスの拡大

 多くの大手企業が、環境への取り組みや環境経営システムの構築を取引条件の一つとしており、これに対応することができます。また、認証・登録にあたり自治体の補助を受けられたり、入札参加資格審査での加点を受けることができる場合があります。

 金融機関によるエコアクション21の関連融資

 多くの金融機関が、エコアクション21認証・登録事業者への低利融資制度を実施しています。

 社会からの信頼獲得

 環境省のガイドラインに基づき、第三者機関の認証を受けることで、社会的な信頼を得ることができます。また、環境経営レポートを作成し、外部に公表することにより、取引先や消費者等からの信頼性が向上します。これは、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)の一環にもなります。

 ロゴマークの表示が可能

 自社のパンフレット、カタログ、封筒、名刺、車両、会社看板等に表示することができます。

自治体イニシアティブ・プログラムとは

 自治体イニシアティブ・プログラムとは、自治体の呼びかけにより、域内でエコアクション21の認証・登録をめざす事業者を募り、地元のエコアクション21地域事務局と審査人の協力のもと、より多くの事業者が短期間で効率よくエコアクション21に取り組むための普及プログラムです。

 参加事業者は、地元のエコアクション21地域事務局が開催する「エコアクション21の塾」(集合形式で全4回程度)を無料で受講することができ、審査人からエコアクション21の解説や具体的な取り組みのアドバイスを受けることができます。受講から半年程度で、審査を経て認証・登録に至ることが可能です。

 詳しくは、エコアクション21中央事務局のウェブサイト(外部サイトへ移動します。)をご覧ください。

東大阪市イニシアティブ・プログラム

 東大阪市ではエコアクション21地域事務局大阪と共同で、市内の企業を対象に「東大阪市イニシアティブ・プログラム」を実施します。

(1)平成30年度「エコアクション21」導入説明会

 エコアクション21の導入を検討される企業の方は、ぜひともこの説明会にご参加ください。
 ご興味がある方は、以下の「エコアクション21」導入説明会 申込書に必要事項を記載のうえファクス、メール、郵送、持参等にてお申し込みください(6月11日(月曜日)締切)
 (問合せ先、ファクス番号、メールアドレス等は、このページの一番下に記載されています)

日時:平成30年6月14日(木曜日) 15:00~17:30

場所:東大阪市役所 18階 会議室

定員:30名(先着順)

参加費:無料


平成30年度「エコアクション21」導入説明会 申込書

(2)平成30年度「エコアクション21」研修(全4回)

 全4回の研修を受講していただくことで、認証・登録までサポートします。

 ※(1)「エコアクション21」導入説明会に参加いただき、認証・取得を希望される企業の方にご案内をいたします。
 ※(1)「エコアクション21」導入説明会に参加できない企業の方で、研修のみを希望される企業の方は、お問合せください。

研修日程
日程時間場所
 第1回7月18日(水曜日)13時~17時半本庁 18階 会議室2
第2回8月28日(火曜日)13時~17時半本庁 18階 会議室2

第3回

9月20日(木曜日)13時~17時半本庁 18階 会議室2

第4回

10月17日(水曜日)13時~17時半本庁 7階  会議室

※東大阪市イニシアティブ・プログラム 実績

東大阪市イニシアティブ・プログラム利用 EA21認証・取得企業
参加年度              認証取得企業
 H23      

 埜村自動車商事株式会社                                

 H23 延田建設金属株式会社
 H26 旭精工株式会社
 H26 株式会社 コスモ
 H28 アリスケミカル株式会社
 H28

 協立工業株式会社

 H28 エイシンテクノ株式会社

Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業について

Eco-CRIP(エコ・クリップ)とは

 エコアクション21 CO2削減プログラム、通称Eco-CRIP(エコ・クリップ)は、環境省が策定した環境経営システムである「エコアクション21」のガイドラインをもとに、中小事業者でも無理なく実践できる、CO2削減に特化した環境経営システム構築のためのプログラムです。Eco-CRIP補助事業は、中小事業者へ環境経営の専門家である支援相談人を派遣し、環境省が策定した「エコアクション21 CO2削減プログラム(Eco-CRIP)」の手引きに基づき、中小事業者のCO2排出量削減活動と、社内における環境経営システム構築を無料で支援します。
 詳しくは、エコアクション21中央事務局のウェブサイト(外部サイトへ移動します。)をご覧ください。

※「Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業」への、参加に関するお問合せはエコアクション21地域事務局大阪(外部サイトへ移動します。)までお願いします。

平成30年度「Eco-CRIP(エコ・クリップ)補助事業」チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市役所 環境部 環境企画課
電話: 06(4309)3198 ファクス: 06(4309)3818
電子メール:kankyokikaku@city.higashiosaka.lg.jp

エコアクション21(EA21)についてへの別ルート