ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市以外で予防接種をご希望の方へ(子ども)

[2017年03月31日]

ID:17053

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市以外で予防接種をご希望の方へ(子ども)

東大阪市以外の医療機関(八尾市または柏原市を除く)での定期予防接種の接種を希望する場合、東大阪市が発行する接種先市町村宛ての「予防接種実施依頼書」が必要となります。

接種後に依頼書を発行することができませんので、必ず接種する前に「予防接種実施依頼書」の発行手続きを行ってください。

※東大阪市外で予防接種を受ける場合、接種費用は「原則、自己負担」になります。 

※通院、入院中、入所中等の理由で、東大阪市内委託医療機関で接種ができない場合は、ご相談ください。

※八尾市または柏原市での予防接種をご希望される方は末尾をご覧ください。

 ~ 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い東大阪市以外で予防接種を希望する方へ ~

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、里帰り先など東大阪市以外で定期接種を希望する場合は、東大阪市が接種費用を償還払いいたします。(接種先市町村が接種費用を負担できる場合もあります。)

償還払いの実施期間は、令和2年4月8日から緊急事態宣言が解除される日までの接種に限ります。


◆ 接種前に、接種先市町村へ下記についてご確認ください。

 (1)「予防接種実施依頼書」が必要であるか。

   →必要な場合は、接種前に、下記の「交付申請手続き」をご覧いただき交付申請をお願いします。

     接種後の発行はできません。

 (2)接種先市町村が接種費用を負担できるかどうか。

   →負担できない場合は、東大阪市が償還払いします。下記の「償還払いの手続きの方法」をご覧ください。

◆ 接種後に、予診票の写し(接種履歴がわかるもの)等を母子保健・感染症課へご提出ください。

  また、償還払いが必要な場合は、償還払い申請兼請求書もあわせてご提出ください。

予防接種実施依頼書の交付申請手続きの方法

1. 事前に、接種を希望する医療機関に接種可能かどうか確認してください。

2. 接種先の市区町村の予防接種担当部署に、他市民が接種する場合の手続きと注意事項、接種費用負担の有無を確認してください。
  接種方法は、希望する接種先市町村の実施方法に従うことになります。
  接種費用は、「原則自己負担」になります。

  ※ただし、令和2年4月8日から緊急事態宣言が解除されるまでの間に接種した場合は、

   東大阪市が接種費用を償還払いいたします。

3. 下記にある「予防接種法に基づく接種依頼書の交付申請書」を印刷し、見本を参考に必要事項をご記入ください。
  申請内容について問合せさせていただく場合がありますので、必ず連絡のつく電話番号を記入してください。
  
 (交付申請書を印刷することが難しい場合は、母子保健・感染症課または各保健センターまでご連絡ください。)


4. 記入した交付申請書と返信用封筒(送付先を記入し84円切手を貼付したもの)を、母子保健・感染症課まで郵送してください。
  少なくとも、接種予定日の10日前までに郵送をお願いします。
  お急ぎの方は、母子保健・感染症課の窓口でも受付及び発行いたします。

東大阪市以外での予防接種費用の償還払い手続きの方法※緊急事態宣言の間に限る

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

八尾市または柏原市で接種を希望される方へ

八尾市または柏原市で接種を希望される方は、子どもの定期予防接種(BCGを除く)に限り依頼書の発行が不要となります。

費用は無料です。

八尾市または柏原市で接種を希望される場合は、必ず接種前に母子保健・感染症課までお問合せください。

※子どもの定期予防接種の種類

(ヒブワクチン・小児用肺炎球菌・B型肝炎・四種混合・三種混合・二種混合・日本脳炎・麻しん風しん混合・水痘・不活化ポリオ・麻しん・風しん・子宮頸がん)




お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 母子保健・感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています

東大阪市以外で予防接種をご希望の方へ(子ども)への別ルート