ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

後期高齢者の給付について

[2017年05月31日]

ID:3258

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 病気やけがをしたとき、病院(医療機関)等にその医療費の一部(一部負担金)を支払うだけで、診療を受けることができます。残りの費用は広域連合から支払われます。後期高齢者医療制度の詳細については、「大阪府後期高齢者医療広域連合」のホームページ(外部サイトへ移動します)でも見ることができます。
負担割合
一般1割
現役並み所得者※3割

※現役並み所得者とは、課税所得が145万円以上の被保険者及び同じ保険に加入する同一世帯の被保険者のことです。

ただし、昭和20年1月2日以降生まれの被保険者と同じ保険に加入する同一世帯の被保険者の賦課の元となる所得(総所得金額等から基礎控除33万円を差し引いた額)の合計が210万円以内の場合は「一般」となります。また、高齢者単独世帯で年収383万円未満、高齢者複数世帯で年収520万円未満の場合も「一般」となります。

お問合せ

東大阪市 市民生活部 医療保険室 資格給付課 

電話: 06(4309)3167

ファクス: 06(4309)3804

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています