ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

近鉄奈良線連続立体交差事業

[2014年9月30日]

ID:2084

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 近鉄奈良線は、東大阪市を東西に横断し、大阪と奈良を結ぶ重要な公共交通機関として今日まで地域の発展に寄与してきました。また、昭和52年度に布施駅付近におきましては立体交差化を完了しています。
 しかしながら、近年周辺地域の発展と共に、東大阪市域における道路交通の混雑状況は著しく、とりわけ大阪中央環状線から大阪外環状線間では、踏切部における交通渋滞や鉄道による市街地の分断など、都市の一体的な発展が阻害されるなどの影響が見られるようになってきました。
 このため、この区間を立体交差化することにより、交通渋滞等の弊害を解消し、周辺地域の新たな街づくりに向けた都市交通の充実を図るため、八戸ノ里 ・ 瓢箪山間の鉄道高架化を大阪府が都市計画事業による連続立体交差事業として推進しているところです。
 平成22年5月30日に下り線(奈良方面)が高架化、平成26年9月21日に上り線(大阪難波方面)が高架化し、全線高架切替が完了しました。高架化に伴い、踏切9箇所を廃止し、踏切遮断による交通渋滞や踏切事故の解消が図られています。引続き、本設駅舎の整備・周辺道路整備等、本事業の早期完成に向け、関係機関とともに取り組んでまいります。

近鉄奈良線高架化区域周辺マップ

近鉄奈良線高架化区域周辺マップ

*画像をクリックすると拡大版が表示されます。

工事方法

 工事方法は、「別線方式」、「仮線方式」と称する方法で工事が進められています。

【別線方式】

別線方式

 既設線の北側に高架橋の用地を確保。高架橋を施工後、現在線の下り線、上り線の順に計画線に切替えます。切替後、既設線は撤去します。

【仮線方式】

仮線方式

 既設線の南側に仮線を設置、仮上り線、仮下り線の順に現在線を移設します。空いた既設線の付近に高架橋を施工。施工後、仮下り線、仮上り線の順に計画線に切替えます。切替後、仮線を撤去します。

【駅断面図】

若江岩田駅

 若江岩田駅は別線方式で施工しています。下り線切替は完成し、上り線高架化を目指しています。

河内花園駅

 河内花園駅は別線方式で施工しています。下り線切替は完成し、上り線高架化を目指しています。

東花園駅

 東花園駅は仮線方式で施工しています。下り線切替は完成し、上り線高架化、車庫線の切替を目指しています。

PDFファイルの閲覧

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 建設局 都市整備部 公共交通課 

電話: 06(4309)3216

ファクス: 06(4309)3831

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム