ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

資源物の処理方法について

[2014年6月30日]

ID:717

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市で収集した資源物の処理方法について

東大阪市では年間約7,000トンの資源物が家庭から排出され、資源化処理を行っています。ここでは、どのように資源化処理を行っているのか」ご紹介します。(平成25年度現在)

かん・びんの処理方法

  1. 東大阪市で収集します。
  2. 都市清掃施設組合に搬入します。
  3. 大阪リサイクル事業協同組合(外部サイトに移動します。)にて選別します。
  4. 株式会社タカハシ(外部サイトに移動します。)に引き渡します。
  5. ガラスびん等に再利用されます。

ペットボトルの処理方法

  1. 東大阪市で収集します。
  2. 都市清掃施設組合に搬入し、選別・圧縮・梱包します。
  3. 株式会社トーシン(外部サイトに移動します。)に引き渡します。
  4. 繊維製品等に再利用されます。

プラスチック製容器包装の処理方法

  1. 東大阪市で収集します。
  2. 都市清掃施設組合に搬入します。
  3. 協同組合大阪資源業界近代化協議会(外部サイトに移動します。)にて選別・圧縮・梱包します。
  4. 株式会社新日鐵住金(外部サイトに移動します。)に引き渡します。
  5. プラスチック原料等に再利用されます。

蛍光管・乾電池の処理方法

  1. 東大阪市で収集します。
  2. 野村興産株式会社(外部サイトに移動します。)に引き渡します。
  3. 蛍光管・金属等に再利用されます。

わたしたちのまちのリサイクル~分けた資源のゆくえ~

お問合せ

東大阪市 環境部 循環社会推進課 

電話: 06(4309)3199

ファクス: 06(4309)3818

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム