ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

あしあと

    新型コロナワクチンに関するQ&A

    • [公開日:2022年02月25日]
    • [更新日:2022年6月9日]
    • ID:29944

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    新型コロナワクチンに関する質問

    ワクチン接種

    接種券

    3回目の接種

    ワクチン接種予約サイトに関する質問

    新型コロナワクチンに関する答え

    ワクチン接種

    ワクチン、予防接種とは何ですか。

     一般に、感染症にかかると、原因となる病原体(ウイルスや細菌など)に対する「免疫」(抵抗力)ができます。免疫ができることで、その感染症に再びかかりにくくなったり、かかっても症状が軽くなったりするようになります。

      予防接種とは、このような体の仕組みを使って病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするために、ワクチンを接種することをいいます。


    集団免疫とは何ですか。

     感染症は、病原体(ウイルスや細菌など)が、その病原体に対する免疫を持たない人に感染することで、流行します。ある病原体に対して、人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなり、間接的に免疫を持たない人も感染から守られます。この状態を集団免疫と言い、社会全体が感染症から守られることになります。

      なお、感染症の種類によって、集団免疫を得るために必要な免疫を持つ人の割合は異なります。また、ワクチンによっては、接種で重症化を防ぐ効果があっても感染を防ぐ効果が乏しく、どれだけ多くの人に接種しても集団免疫の効果が得られないこともあります。

      新型コロナワクチンによって、集団免疫の効果があるかどうかは分かっておらず、わかるまでには、時間を要すると考えられています。


    必ず接種を受けなければいけないのですか。

     新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。

     予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解いただいた上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。


    筋肉注射とはどのような注射ですか。痛いですか。

     筋肉注射とは、ワクチンなどの医薬品を皮下脂肪の奥にある筋肉に注射する方法です。一般的に筋肉注射は皮下注射よりも特別に痛みが強い注射方法ではないと考えられています。


    これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。

      注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛みがなどがみられることがあります。まれな頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。


    接種に費用はかかりますか。

     全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。


    ワクチン接種の対象者は。

    • 初回(1・2回目)接種
     ファイザー社ワクチンは5歳以上、武田/モデルナ社ワクチンは12歳以上、武田社ワクチン(ノババックス)は18歳以上が接種の対象となっています。
    • 追加(3回目)接種
     3回目に接種するワクチンによって対象者は異なります。初回(1・2回目)接種が完了し、かつ2回目の接種から5ヵ月以上経過した方のうち、ファイザー社ワクチンは12歳以上、武田/モデルナ社ワクチンは18歳以上の方が接種の対象となっています。ただし、武田社ワクチン(ノババックス)を希望する場合は2回目の接種から6か月経過した方のうち、18歳以上の方が接種の対象となっています。
    • 追加(4回目)接種
     3回目の接種から5か月以上経過した60歳以上の方、または18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認める方が接種の対象となっています。

    ワクチンを受けられないのはどのような人ですか。

     一般に、次のような方はワクチンの接種を受けることができません。ご自身が当てはまると思われる場合は、ワクチンの接種を受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

    • 明らかに発熱している方(※通常37.5℃以上、平熱によってはこの限りでない)
    • 重い急性疾患にかかっている方
    • ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴のある方
      (全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等)
    • その他予防接種を受けることが不適当な状態にある方


    ワクチンを受けるのに注意が必要なのはどのような人ですか。

     一般に、以下の方は、ワクチンを受けるに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けても良いか、かかりつけ医にご相談ください。

    ・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方  
    ・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患がある方  
    ・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方  
    ・過去にけいれんを起こしたことがある方  
    ・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

     また、新型コロナワクチンは筋肉内に注射することから、
    ・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方
     は、接種後の出血に注意が必要とされています。

    接種を受けるための手続きは。

    1.接種券が届いたら、接種可能な時期を確認し、医療機関やコールセンター・ウェブサイトなどで予約を行います。

    2.接種券と予診票(住所・氏名・生年月日などを記入しお待ちください)、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を持って、予約日時に接種場所へお越しください。

    住民票のある市町村以外でワクチンの接種は受けられますか。

     新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票所在地の市町村に所在する医療機関等で接種することになっていますが、やむを得ない事情がある場合には、住民票所在地以外でワクチンの接種を受けることができます。

    1. 以下の方は接種を行う市町村に事前に届出を行うことで、住民票所在地以外でワクチンの接種ができます。詳しい手続きや必要な書類については決まり次第、市ウェブサイトなどでお知らせします。

    ・出産のために里帰りしている妊産婦

    ・単身赴任者

    ・遠隔地へ下宿している学生

    ・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

    など

    2.以下の方は申請が不要な方です。

    ・入院・入所者

    ・基礎疾患がある方が主治医の下で接種する場合

    ・災害による被害にあった方

    ・拘留または留置されている方、受刑者

    など


    ワクチン接種後に新型コロナウイルスに感染することはありますか。

     ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合はあります。また、ワクチンを接種して免疫がつくまでに1週間~2週間程度かかり、免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。

    接種券

    東大阪市では接種券は、いつ発送されますか。

    東大阪市では、1・2回目の接種を受けるための接種券を以下のとおり発送しています。

     

    • 5歳以上の方:発送済み

    ※令和4年3月1日以降に5歳の誕生日を迎える子どもへは、誕生月の翌月上旬に接種券を発送します。

     

    また、3回目の接種を受けるための接種券については、2回目接種から6か月が経過する時期に順次発送する予定です。

    3回目接種券の発送スケジュールはこちらをご覧ください。

    接種券を紛失した場合は、どうしたらいいですか。

    東大阪市新型コロナワクチンコールセンターまでお問合せください。

    電話番号
    • 06‐7668‐0485 
    開設時間
    • 月曜日~金曜日 9時~20時
    • 土曜日、日曜日、祝休日 9時~17時30分

    聴覚や言葉に障害がある方は、お問合せフォームや新型コロナウイルスワクチン接種事業課のファクスからお問合せください。

    • 新型コロナウイルスワクチン接種事業課ファクス番号:072(929)8239

    3回目の接種

    3回目接種はいつごろになりますか。

     当初は、2回目の接種日からおおむね8か月以上経過後としていましたが、前倒しを行い、現在は2回目接種から6か月以上経過した時期から接種が可能です。

     ※3回目接種は、接種券が届いてからとなります。

    3回目はどこで接種を受けられますか。

     基本的には、1・2回目の接種を受けた個別医療機関や集団接種会場等で接種を受けていただく予定ですが、他の接種会場等で受けていただくことも可能です。

     ワクチン接種が可能な医療機関・集団接種会場は以下を参考にしてください。

     ※コロナワクチンナビでは、予約を受け付けている医療機関・接種会場を検索できます。

    オミクロン株にも追加(3回目)接種の効果はありますか。

     現在接種を進めているワクチンは、オミクロン株に対して65%~70%程度の発症予防効果があります。この効果は時間の経過とともに低下しますが、追加接種により、60%~75%程度に回復することが報告されています。

    1・2回目接種と異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫ですか。

     追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社製のワクチンまたは武田/モデルナ社製のワクチン)を用いることが適当であるとされています。

     イギリスでの研究によると、「3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されること」が報告されています。

    ワクチン接種予約システムに関する質問

    接種券番号とパスワード(生年月日)を正しく入力しているが、「接種券番号もしくはパスワードが間違っています。」となってしまい、ログインすることができません。

    初めてログインする時は、10桁の接種券番号と、8桁の初期パスワード(生年月日)を入力していただきます。その後、パスワードの再設定が求められますので、2回目以降のログイン時には、再設定した新しいパスワードを入力し、ログインする必要があります。もし再設定したパスワードを忘れてしまった場合で、接種者情報登録の際にメールアドレスを登録している場合は、登録したメールアドレスにパスワードリセット用のURLを送信できますので、パスワード入力欄下の「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてお進みください。もしメールアドレスの登録がされていない場合は、お手数ですがコールセンターまでご連絡くださいますようお願いいたします。ご本人確認をさせていただいた後に、パスワードを初期化させていただきます。

    リンク集

    問合せ先

    • 東大阪市新型コロナワクチンコールセンター:06(7668)0485
    • 新型コロナウイルスワクチン接種事業課ファクス番号:072(929)8239
    • お問合せフォーム