ページの先頭です
メニューの終端です。

HIGASHIOSAKA FONT

 「東大阪フォント」は近畿大学とデンマークのデザインエージェンシーKontrapunktが協働して生み出した、東大阪のモノづくりの精神を表したフォントです。
 近畿大学文芸学部文化デザイン学科の教員と学生、Kontrapunkt社は、2017年に1年間かけて市内の企業訪問などを行い、東大阪のモノづくりが、企業城下町のような垂直的なツリー構造ではなく、横断型の構造を持っていることに着目しました。
 また、東大阪の中心的な産業である部品が「社会をつなげるもの」であることや、企業が相互に協力しあって製品を作り上げることから、「つながり」をキーワードに書体デザインを行いました。
 ひとつの文字をひとつの企業と見立て、それぞれがつながって東大阪のモノづくり産業を形成していることを表しており、文字と文字をつなげるプログラムは、一文字一文字に組み込まれ、文字の組み合わせによって変化します。

東大阪フォントの使用について

ページの先頭へ戻る