ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

業務管理体制

[2019年4月26日]

ID:19324

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

業務管理体制の整備に関する届出

 介護保険法の改正により、平成21年5月1日から介護サービス事業者(以下「事業者」という。)は、法令遵守等の業務管理体制の整備及び届出が義務付けられました。地域密着型サービス、地域密着型介護予防サービスのみを行い、指定を受けているすべての事業所が東大阪市内に所在している事業者は、東大阪市に届出をしてください。



【参考】

介護サービス事業者の業務管理体制(厚生労働省ホームページ)

※記入例については、上記厚生労働省ホームページを参考にしてください。


業務管理体制(一般検査)

 東大阪市では、届出のあった業務管理体制の整備内容及び運用状況を確認するため、「東大阪市介護保険事業者業務管理体制整備確認検査実施要綱」を策定し、市に届出のあった事業者を対象として、平成29年度から定期的(概ね6年に1回)に確認検査(一般検査)を実施していきます。


(1)検査対象事業者


 東大阪市に対し業務管理体制の整備に関する届出を行った事業者


(2)検査の実施機関


 東大阪市福祉部指導監査室施設課 (地域密着型通所介護を除く。)


(3)検査の実施方法


 確認検査(一般検査)は、対象となる事業者に対し、「業務管理体制の整備に関する報告書」及び「業務管理体制の整備に関する報告事項」の提出を求める書面検査の方法により実施します。なお、報告等の内容に不備が認められ、その改善が見込まれない場合については、事業者本部等へ立入のうえ、検証させていただくこともあります。


お問合せ

東大阪市 福祉部  指導監査室 施設課 

電話: 06(4309)3315

ファクス: 06(4309)3813

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム