ページの先頭です
メニューの終端です。

鴻池新田会所

[2013年1月11日]

ID:3597

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

施設の名称

鴻池新田会所

住所・電話番号

〒578-0974 東大阪市鴻池元町2番30号

電話06-6745-6409

ファクス06-6744-7498

施設の様子

鴻池新田会所の全景写真

施設案内

鴻池新田は、大阪の豪商として名高い鴻池家三代目の善右衛門宗利が広大な新開池の跡地を開発したもので、宝永2年(1705)に開発工事が開始され、大和川付け替え工事でできた新田の中でも最大の面積を誇っています。


会所は、農民から小作料を徴収し、幕府へ年貢を納め、新田にある農民の家や水路、樋門、道路、橋などの維持補修、また幕府や鴻池家からの命令・通達を村に伝えるなど、管理を行う事務所として、新田開発着工の翌宝永3年(1706)から現在の会所の建設が始まり、次の年に完成しました。


貴重な文化遺産のため、敷地は国の史跡、建物は重要文化財に指定されています。市民の皆さんに親しんでいただくため、解体修理が終了した平成9年9月より一般公開をしています。

通年公開しています。

観覧料等

一般300円(団体 20人以上 1人1回250円)

小中学生200円(団体20人以上 1人1回150円)

施設の一部は、貸室として俳句会などにご利用いただけます。

施設使用料
使用施設 全日
(午前10時から
午後4時まで)
午前
 (午前10時から
正午まで)
午後
 (午後1時から
午後4時まで)
居宅(10畳)3,800円1,500円2,300円
居宅(14畳)5,300円2,100円3,200円
 乾蔵14,000円5,600円8,400円

設備

駐車場なし(公共交通機関をご利用ください。)

AED(自動体外式除細動器)の有無

業務時間

午前10時~午後4時(入館は午後3時30分まで)

休業日

月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)・祝日の翌日・年末年始

交通案内

JR学研都市線 鴻池新田駅下車 南東へ徒歩5分

近鉄奈良線河内小阪駅、八戸ノ里駅、近鉄けいはんな線荒本駅前から近鉄バス「鴻池新田駅」行きに乗車、終点下車し、南東へ徒歩5分

※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

地図

鴻池新田会所の地図はこちらをクリック

※詳細については地図をクリックしてください
(ひがしおおさかe~まちマップが起動します)

施設のサイト

鴻池新田会所オリジナルホームページ(別サイトへ移動します。)

お問合せ

東大阪市 教育委員会事務局社会教育部 文化財課 

電話: 06(4309)3283

ファクス: 06(4309)3835

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています