ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

介護保険住宅改修費の支給

[2020年3月9日]

ID:2583

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

心身の機能が低下し、日常生活を営むのに支障がある要介護者等に対して、日常生活上の便宜を図り、自立した生活を支援するため、手すりの取り付けや段差の解消といった小規模の改修に対して、20万円を上限に費用の保険相当額分を支給します。(自己負担額1~3割)

*令和元年10月1日より新しい様式となりましたので、ご注意ください。

支給要件

(1)要介護(要支援)者が居住する住宅について行われる工事であること。

*居住する住宅とは、被保険者証に書かれてある住所です。

(2)厚生労働大臣が定める下記の住宅改修の種類であること。

手すりの取付け

廊下・便所・浴室・玄関等へ転倒の防止や予防、移動移乗動作に必要な手すりを設置する工事です。

段差の解消

居室・廊下・便所・浴室・玄関等の各室間の床の段差及び通路の段差を解消するために、敷居を低くしたり、スロープの設置等の工事です。

滑りの防止・移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

滑りやすい居室・廊下・浴室等の床を滑りにくい床材に、通路面を滑りにくい舗装材へ変更する工事です。

引き戸等への扉の取替え

開き戸を引き戸、折れ戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替え、扉の撤去、そのほかドアノブの変更、戸車の設置等の工事です。

洋式便器等への便器の取替え

和式便器を洋式便器に取替える工事です。

※原則として介護保険を利用した補高便座の購入との併用はできません。

(3)要介護(要支援)者の心身の状態や住宅の状況等を勘案して必要と認められる住宅改修であること。

支給方法

償還払い

償還払いは工事費用をいったん被保険者(利用者)本人が全額負担し、申請後、東大阪市から申請者の口座に当該住宅改修に要した費用の保険相当額分を支給する制度です。

受領委任払い

受領委任払いは市に登録のある施工事業者が住宅改修工事を行う時のみ選択できる支払い方法で、被保険者(利用者)は自己負担額分を支払い、申請後、東大阪市から保険相当額分が登録事業者に直接支払われる制度です。

*受領委任払いの場合は、登録事業者の同意が必要です。

*登録のない事業者での工事はすべて償還払いになります。

*給付制限を受けている方については、受領委任払いが適用できない等の制限を受けることがあります。

東大阪市住宅改修登録事業者(事業所)名簿一覧

名簿一覧はPDFデータにて掲載しています。

*住宅改修施工事業者の登録方法等については事業者のページをご覧ください。


*名簿一覧に掲載されていない事業者(事業所)で住宅改修を行う場合、支払い方法は償還払いのみとなります。
*登録内容等に変更がある事業者(事業所)は、変更の事実が発生した場合、市に届出てください。

支給限度額

住宅改修費の支給限度基準額は、同一住宅・同一対象者で20万円です。支給額は、20万円の保険相当額分を超えることはできません。ただし、転居した場合や要介護等状態区分が3段階以上上がった場合、改めて住宅改修費の支給を受けられます。(要支援2と要介護1は同じ段階の扱いとなります。)

*詳細については給付管理課までお問合せください。

申請方法

*住宅改修工事の内容が介護保険の支給対象であるかどうかの事前協議を行いますので、必ず工事の前に必要な書類を添えて高齢介護室給付管理課までお越しください。(事前協議のない住宅改修の工事費用は支給できません)

*事前協議の前に、必ず「東大阪市介護保険住宅改修費支給申請の手引き」(PDF)及び「東大阪市介護保険住宅改修費支給申請 施工計画書・見積書記入例」(PDF)をお読みください。

*工事完了後、必要書類を添えて、高齢介護室給付管理課の窓口にて支給申請してください。

*令和元年10月1日より新しい様式となりましたので、ご注意ください。


申請に必要なもの

事前協議に必要な書類

1~6の書類を提出してください。 

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

支給申請(工事終了後)に必要な書類

(償還払い)1、3、4、6の書類を提出してください。(受領委任払い)2~4、6の書類を提出してください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

6.領収証(原本)

領収証のあて名は被保険者氏名を記載してください。

但書に住宅改修費と記載し、自己負担などがある場合は内訳も記載してください。

介護保険住宅改修適正検証

市では介護保険給付の適正化を図るため、住宅改修の工事前や工事後に本人、理由書作成者、施工事業者の立会いのもと現場での適正検証を実施しています。そのため工事の着工等が遅れることもありますのでご了承ください。

*詳しくは「東大阪市介護保険住宅改修費支給申請の手引き」(PDF)及び「東大阪市介護保険住宅改修費支給申請 施工計画書・見積書記入例」(PDF)をお読みください。

申請先

東大阪市役所 高齢介護室 給付管理課

*郵送での申請は受付けておりません

お問合せ

東大阪市 福祉部  高齢介護室 給付管理課 

電話: 06(4309)3186

ファクス: 06(4309)3814

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム