ページの先頭です

ケシ(ソムニフェルム種)(植えてはいけないケシ)

[2012年2月29日]ID:2126

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

全体

ケシの全体

一重咲きの花は、花びら4枚で、 色は赤、桃、紫、白などがあります。また、多数の花びらがついた八重咲きの花もあります。
開花期の草丈は、100cmから160cmです。
花が終わると雌しべが発達してふくらみ、だ円または球形で、上部が平たい皿のような形をした大きな果実(長さ3cmから7cm、径3cmから6cm)になります。

葉、茎

ケシの葉と茎

葉、茎、つぼみなどの外観は、キャベツの葉のような白味を帯びた緑色をしています。
葉、茎、つぼみの表面には、ほとんど毛がありませんが、つぼみの下の茎(花梗)や葉の裏の主脈(葉の中心にある一番太い葉脈)には、まばらに毛がつくことがあります。
葉は互い違いに茎につき、上部の葉は柄がなく、その基部は茎を抱き込むような形をしています。葉の長さは10cmから50cm、幅は5cmから20cmです。


※この葉と茎の形がソムニフェルム種の特徴です。

いろいろなソムニフェルム種の花

ソムニフェルム種の花

八重咲きの花は、「ぼたんげし」、または「ペオニ(フラワード)ポピー」の名で園芸用に出回ることがありますので、注意が必要です。

 

厚生労働省「大麻・けしの見分け方」より

お問合せ

東大阪市健康部  保健所 環境薬務課

電話: 072(960)3804 ファクス: 072(960)3807

お問合せフォーム