ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

騒音規制法(概要)

[2012年2月29日]

ID:328

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

目的

騒音規制法は工場および事業場における事業活動ならびに建設工事に伴って発生する相当範囲にわたる騒音について、必要な規制を行うとともに自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境を保全し国民の健康の保護に資することを目的としています。

概要

規制地域

住居が集合している地域、病院または学校の周辺の地域その他の騒音を防止することにより住民の生活環境を保全する必要があると認める地域を規制地域として指定しています。

規制基準

工場や事業所の騒音規制

工場や事業所で事業活動を行う場合、その用途地域と時間帯に応じて騒音の規制基準を守らなければなりません。(府条例規則第54条、市条例規則第4条)

区域および時間帯による規制基準一覧
 午前6時~午前8時午前8時~午後6時午後6時~午後9時午後9時~午前6時
第1種区域45dB50dB45dB40dB
第2種区域50dB55dB50dB45dB
第3種区域60dB65dB60dB55dB
第4種区域
(学校・病院等の周辺区域)
60dB65dB60dB55dB
第4種区域
(その他の区域)
65dB70dB65dB60dB
※府条例規則:大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則
 市条例規則:東大阪市生活環境保全等に関する条例施行規則
※第1種区域:第1・2種低層住居専用地域
 第2種区域:第1・2種中高層住居専用地域、第1・2種住居地域、準住居地域、用途地域の指定のない地域
 第3種区域:近隣商業地域、商業地域、準工業地域
 第4種区域:工業地域、工業専用地域

特定建設作業時の規制基準

重機を用いた特定建設作業を伴う工事を施工する場合は、その敷地境界にて法令で定められた規制基準を守らなければなりません。(騒音規制法第15条、大阪府生活環境の保全等に関する条例第94条)

特定建設作業時の敷地境界での騒音基準
第1号区域第2号区域
基準値85dB85dB
作業可能時刻午前7時~午後7時午前6時~午後10時
最大作業時間1日あたり10 時間1日あたり14 時間
最大作業期間連続6日間
(同一場所にて)
作業日日曜その他の休日を除く日
※第1号区域:第1・2種低層住居専用地域、第1・2種中高層住居専用地域、
           第1・2種住居地域、準住居地域、近隣商業地域、商業地域、
           準工業地域および用途地域の指定のない地域の一部の地域、
           工業地域のうち学校・病院等の周辺区域
 第2号区域:工業地域のうち第1号区域以外の地域、
           工業専用地域の一部の地域

届出

指定地域において特定施設を設置する場合や特定建設作業を行う場合などには、事前に届出が必要です。

届出用紙のダウンロードはこちらからどうぞ

関係法令

大阪府生活環境の保全等に関する条例
東大阪市生活環境保全等に関する条例

お問合せ

東大阪市 環境部 公害対策課 

電話: 06(4309)3204、3205

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム