ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

土壌汚染対策について

[2012年2月29日]

ID:20

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

土壌汚染対策法

 国民の健康被害を防止することを目的として、平成15年2月15日に「土壌汚染対策法」が施行されました。この法律では土地の所有者等に、特定有害物質(鉛、砒素、トリクロロエチレンなど25物質)を使用する特定施設の廃止時に土壌汚染状況調査を実施し、結果を東大阪市長に報告することが定められています。調査の結果、土壌の汚染状態が基準に適合しない土地については指定・公示され、人の健康被害のおそれがあると認められる場合には、リスクに応じて措置を実施しなければなりません。
 また、平成22年4月1日には改正法が施行され、土壌汚染状況の把握のための制度の拡充や、リスクに応じた規制対象区域の分類、汚染土壌の適正処理の確保に関する規定などが盛り込まれています。

土壌汚染対策法の概要

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

区域の指定

土壌汚染対策法に基づく土壌汚染状況調査の結果、基準に不適合だった土地については、健康被害が生ずるおそれがあるときには「要措置区域」、健康被害が生ずるおそれがないときには「形質変更時要届出区域」に指定しています。

東大阪市の区域指定情報はこちらをクリックしてください。

指定支援法人

 土壌汚染対策法に基づく指定支援法人(財団法人 日本環境協会)のホームページ(別サイトへ移動します。)

土壌汚染対策法についてさらに詳しい説明を見ることができます。

また、土壌汚染対策に関する冊子や説明資料がダウンロードできます。

指定調査機関

土壌汚染状況調査等を行うために環境大臣によって指定された調査機関のことをいいます。以下の環境省ホームページから地域別などで検索することができます。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関をさがす(環境省ホームページへ)(別サイトへ移動します。)

大阪府生活環境の保全等に関する条例(土壌汚染関係)

 土壌汚染対策法に加えて大阪府内の土壌汚染に対応し、土壌汚染による府民の健康影響を防止するため、土壌汚染に関する規制等の規定を追加した「大阪府生活環境の保全等に関する条例」が平成16年1月1日に施行されました。
 この条例では法のしくみを基本に、調査対象物質(ダイオキシン類)や調査機会を追加しています。調査の結果、土壌の汚染状態が基準に適合しない土地については、管理区域として指定・公示され、人の健康被害のおそれがあると認められる場合には、リスクに応じて措置を実施しなければなりません。
 また、改正法との整合性を図るとともに、土地の所有者等の責務などを規定した改正府条例が平成22年4月1日に施行されました。
 詳しくは(パンフレット・手引き等は)大阪府のホームページ(外部サイトへ移動します)をご覧ください。

管理区域の指定

 大阪府条例に基づく土壌汚染状況調査の結果、基準に不適合だった土地については、健康被害が生ずるおそれがあるときには「要措置管理区域」、健康被害が生ずるおそれがないときには「要届出管理区域」に指定しています。

東大阪市内の管理区域情報はこちらをクリックしてください。

汚染土壌処理業の許可の申請に関する事前手続きについて

 平成21年4月に土壌汚染対策法が改正され、汚染土壌処理業の許可制度が創設されたことに伴い、東大阪市では、汚染土壌の適正な処理および周辺地域の生活環境等の保全に資することを目的とし、当該事業の許可を申請しようとする者に対し、申請前の手続き等を示した「東大阪市汚染土壌処理業の許可の申請に関する指導指針」を作成しました。当該事業の申請を予定される方は、事前相談をしていただきますようお願い致します。

土壌汚染関係様式

土壌汚染対策法、府条例様式のダウンロードはこちらをクリックしてください。

届出等をされる場合は、事前に公害対策課 土壌担当(電話:06-4309-3206)までご相談ください。

お問合せ

東大阪市 環境部 公害対策課 

電話: 06(4309)3204、3205

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム