ページの先頭です

児童虐待防止

[2020年9月30日]

ID:6302

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

子どもの虐待防止のために

近年、子どもの虐待を伝える悲しいニュースが後を断ちません。
どうして、こんなことが起こってしまうのでしょうか?
親はしつけのつもりでも、子どもの身体や心を傷つけていることもあります。
大事なことは、親の意図に関係なく、子どもにとって有害な行為であれば、その行為は
虐待だということです。あくまでも子どもの立場にたった捉え方が必要です。

児童虐待とは

身体的虐待
子どもの身体に傷を負わせたり、生命に危険を及ぼす行為をすること
なぐる、ける、やけどをさせる、戸外に締め出すなど

心理的虐待
言葉による脅かし、否定的な態度や極端に無視するなど、心理的な傷を負わせること
きょうだい間の差別的な扱いなど

ネグレクト
適切な生活の世話をしない、食事を与えない、病気なのに病院に連れていかないなど、
健康や安全への配慮を怠ったり、乳幼児を家に置き去りにするなど

性的虐待
子どもにわいせつな行為や性的な関係の強要、性器や性交を見せたり、ポルノグラフィの
被写体にするなど

どうして虐待は起こってしまうのか

子育てってこんなに大変だったの なんでうちの子だけ
  • こんなやり方でいいのかな?不安だわ。
  • どうしてこんなに泣いてばかり・・・。どうしたらいいの?
  • あっちこっち動きまわって目が離せない。
  • ちっとも言うことを聞いてくれない。
だれもしんどさ分かってくれない
  • 朝から晩まで家事、育児!もう、だめ!
  • パートナーは、仕事が遅い。きょう1日、だれともしゃべってないわ。
  • 先輩ママは、『まだ、おむつ取れないの?』
誰にも相談できない
  • 安心して相談できる人がいない。
  • イライラして、つい叩いてしまう。
  • 子どもがかわいく思えない。
  • パートナーが失業・・・。経済的に不安 。
  • パートナーの飲酒や暴力。
私の人生ってどうなるの
  • 世の中から取り残されそう。
  • やりたいことがあっても我慢してばっかり 。
  • 家事・育児から開放されたい。

 虐待の原因はひとつでなく、色んな要因が重なり合っている場合が多く、またひとつひとつの要因となる悩みや不安は他のお父さん・お母さんも同じように悩んでいますし、「いつでも、どんな人にも」起こる可能性があります。

あなたも子育てネットワークの一員です2

みんなで子育て 虐待のない街づくり

しつけと虐待は違います。


「もしかして虐待されてるのでは・・・」という疑問をもったら、専門機関に連絡・相談ください。

児童虐待を発見した場合、通告は私たちひとりひとりの義務です。
(児童福祉法第25条および児童虐待防止法第6条)

虐待の相談・通告は
相談・連絡先受付時間 電話
 児童相談所虐待対応ダイヤル24時間365日

 189(3桁ダイヤル)

児童相談所虐待対応ダイヤル「189」案内フロー図

虐待の相談・通告は
 子ども見守り相談センター 子ども相談課月~金曜日(祝日を除く)9時~17時30分 06-4309-3197 06-4309-3818
 大阪府東大阪子ども家庭センター月~金曜日(祝日を除く)9時~17時45分 06-6721-1966 06-6720-3411

お問合せ

東大阪市 子どもすこやか部 子ども見守り相談センター 子ども相談課 

電話: 06(4309)3197

ファクス: 06(4309)3818

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ページの先頭へ戻る

Copyright © Higashiosaka City. All Rights Reserved.