ページの先頭です

中学校給食概要

[2019年4月24日]

ID:23851

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中学校給食の概要について

平成31年4月から中学校給食が順次スタート!

東大阪市教育委員会は、中学生に栄養バランスのとれた食事を提供し、心身の健康の保持増進を図るとともに、食に関する指導を行い、食文化への理解を深めるといった食育の推進を目的に、あたたかくて、おいしい中学校給食を開始します。「中学校給食年次導入計画」は以下のとおりです。

中学校給食年次導入計画
開始年度 中学校名 
 2019年度 池島学園(後期課程)、くすは縄手南校(後期課程)
 2020年度 縄手、孔舎衙、若江、新喜多、金岡、意岐部、小阪
 2021年度 盾津、盾津東、長栄、上小阪、楠根、弥刀、柏田、布施
 2022年度 枚岡、石切、縄手北、玉川、英田、花園、高井田、長瀬

中学校の配膳室の整備や、調理等業務委託事業者選定等、給食実施にかかる環境整備に一定の期間が必要となり、全校一斉の導入は困難なため、段階的に実施し、4年間かけて導入していきます。

実施方式

○全生徒への学校給食提供が基本となる全員喫食です。(家庭弁当との選択制ではありません。)

○牛乳、主食、副食の揃った完全給食です。

 牛乳(200ml・紙パック)、主食(主にごはん)、副食(3~4品程度のおかず)です。

○委託事業者の調理場で調理を行い、学級毎に食缶等に入って、学校の給食配膳室へ届けられます。

○保温・保冷性に優れた二重食缶を活用し、温かい副食(汁物含む)、冷たい副食を提供します。

○給食当番が給食配膳室から教室へ運搬し、食器に盛り付けます。

調理等委託事業者

学校をグループ分けし、複数の委託事業者で数校ずつ分担します。
○「東大阪市学校給食調理等業務(中学校)委託事業者選定委員会」において優良な民間調理業者を選定しました。選定された委託事業者は、「東大阪市中学校給食衛生管理マニュアル」等に基づいて衛生管理を行い、おかずやごはんを調理します。
○委託事業者の調理場は、東大阪市中学校給食の専用施設ではなく、他自治体の中学校給食、幼稚園給食等の調理も行っています。

学校給食費

○1食 300円です。食材料費として使用します。

○調理や配膳、配送業務等の委託料は、市が負担しています。

中学校給食の栄養量(文部科学省:「生徒1人1回あたりの学校給食摂取基準」)

学校給食では、子どもたちが1日に必要な栄養量の約1/3、特に成長期の子どもたちに必要であり、家庭で不足しがちなカルシウムや鉄分、食物繊維は1/2量の基準値が設けられています。栄養バランスの他、予算の範囲内で、食材や味付け、献立の多様性、食事の量、調理作業や衛生面等にも配慮して献立を作成します。

学校給食の栄養量

 エネルギー

(kcal)

たんぱく質

(g)

学校給食による

摂取エネルギー全体の 

脂質

(g)

学校給食による

取エネルギー全体の 

ナトリウム

(食塩相当量)

(g) 

カルシウム

(mg) 

(mg) 

ビタミンA

(μgRE) 

ビタミンB1

(mg) 

ビタミンB2

(mg)

ビタミンC

(mg) 

食物繊維

(g) 

 83013%~20% 20%~30% 2.5未満  450 4 300 0.5 0.6 30 6.5

給食の内容について

学校給食は、栄養摂取とともに、学校での食育の推進を図るため、季節の食材、地域の郷土料理や行事食、伝統的な和食や各国の料理等を取り入れて、食に関する指導の「生きた教材」となるよう配慮して献立を作成します。
献立内容は、小学校と異なります。中学校は、品数が1品程度多くなり、献立の量を増量するものもあります。委託事業者の調理場で調理しますが、これまで小学校給食で培ってきた献立のレシピも活用しながら、中学校給食の献立を作成していきます。

☆牛 乳☆

・発育期の生徒に必要なカルシウムやタンパク質を多く含んでおり、毎日1本付きます。

・牛乳業者から学校へ、直送されます。

・200ml入りの紙パックで、ストロ-が別添えされます。

☆主食(ごはん)☆

・主食は基本的に、ごはんです。

・1人分は約230gで、クラスごとに保温ボックスに入って届けられます。

☆副食☆

・おかずは3品程度で、保温性・保冷性に優れた二重食缶を活用し、温かいおかず(汁物含む)、冷たいおかずを提供します。

・小学校の給食と同様、教室で給食当番が食器に盛り付けます。

・ヨーグルト等、個包装のデザートがある日もあります。

給食の食材については、小学校給食同様、(公財)東大阪市学校給食会が調達し、安全で品質の良いものを使用します。


☆はし・スプーン・ナフキン☆

・はし、スプーン、ナフキンは、各自家庭からご持参いただきます。(スプーン持参日は、献立表にマークをつけます)

・毎日きれいに洗って、ご持参ください。

食物アレルギー対応について

食物アレルギー等により、摂取できない場合、医師の指示(学校生活管理指導表)に基づき、下記の内容で実施します。

・申し込みの段階で

 (1)牛乳 (2)主食 (3)副食 (4)全部 の区分で中止することができます。

・詳細な献立表対応として、給食の原材料を詳細に記した献立表等を事前に配布します。ご家庭で確認いただき、原因食品を除いて食べる対応をお願いします。

・給食を中止する場合や、献立で一部喫食できないものがある場合は、家庭からの弁当持参等での対応をお願いします。

・調理場での除去食調理、および代替食(代替デザート含む)の提供は当面の間実施しません。

中学校給食の一日の流れ

調理:教育委員会で作成した献立に基づき、委託事業者の調理場で調理を行います。

配送:学校の給食配膳室へ、委託事業者が配送します。

配膳:委託事業者配膳員が牛乳等を学級毎に分配、食缶・食器類等を、所定の位置に並べます。

給食:給食当番が配膳室から教室まで給食を運び、各教室で食器に盛り付け、喫食します。

後片付け:食後、食缶・食器類等を給食当番が配膳室へ返却します。

回収:返却されたものを、委託事業者が回収・洗浄し、翌日の準備をします。

お問合せ

東大阪市 教育委員会事務局学校教育部 学校給食課 

電話: 06(4309)3276・77

ファクス: 06(4309)3867

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ページの先頭へ戻る

Copyright © Higashiosaka City. All Rights Reserved.