ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成26年12月19日 世界中の子どもたちの「世界一大きな絵」 市内の園児が参加

[2014年12月19日]

ID:14491

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

世界一大きな絵プロジェクト表敬訪問の写真
世界一大きな絵プロジェクト表敬訪問の写真

 世界中の子どもたちが5m四方の白い布をキャンパスにして描いた絵を1枚につなぎ合わせる「世界一大きな絵」プロジェクトの主催者である河原さんとそのプロジェクトに参加する石切山手幼稚園の園児や関係者が、19日、市長を表敬訪問しました。

 石切山手幼稚園の園児たちの作品は、5m×1mの布を5枚縫い合わせたもので、桜やこいのぼりなど園児たちが思う春夏秋冬の絵が描かれています。今後この絵は、全国の園児や児童の絵のほか、イタリア、ナイジェリア、フィリピンなど世界中の子どもたちが書いた絵とつなぎ合わされ、リオデジャネイロ五輪や東京五輪などで披露される予定です。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム