ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成24年8月24日 梶無神社でフクロウ科の渡り鳥・アオバズクのヒナが誕生

[2013年6月19日]

ID:9168

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

アオバズクのヒナの写真

 六万寺町3の梶無神社で、フクロウ科の渡り鳥・アオバズクのヒナ2羽が誕生し、木々の間からくりくりした目の愛らしい顔をのぞかせ、参拝者やアマチュアカメラマンの人気者となっています。
 ヒナは腹部の模様がまだ不鮮明で、体長約30cm程度の親鳥よりひと回り小さく、エサはまだ親鳥から与えてもらっていました。
 この日は、ヒナの誕生を聞きつけたアマチュアカメラマンが大勢つめかけ、かわいらしい姿を写真に収めようとカメラのシャッターを何度も切っていました。大東市から来た男性は「毎年アオバズクを撮影するために梶無神社に来ています。元気に育てばいいですね」と話していました。

アオバズクのヒナを撮影しようとするアマチュアカメラマンたちの写真

梶無神社:072-981-1615

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム