ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

119番通報のかけ方

[2018年3月18日]

ID:1701

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

119番へ通報

  • 火災・救急・救助・その他災害などが発生したとき、消防へ通報する番号は「119」番です。
  • 119番へ通報するときは、できるだけゆっくり話をしてください。
  • 近所に大声で知らせ、通報を頼むのも良い方法です。
  • 屋外から携帯電話でかけるときは、電柱などに設置されている住居表示板や交差点名、目標となる大きな建物などを伝えてください。
  • 車などで走行しながらの通報は、危険ですのでやめてください。車などから通報する場合は、安全な場所に停車してから行ってください。
  • 119番通報後、こちらから問合せすることがありますので、電話の電源は切らずに、いつでも出られるようにしてください。
  • 必ず自身の安全を確保してから通報してください。
  • 救急車は、緊急車両ですのでサイレンを消すことができません。

  次の119番通報メモを印刷して電話機の近くに貼っておくと、もしものときに役立ちます。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
通報フロー図

高齢者施設からの119番通報

 高齢者の救急搬送が増加傾向にあります。

 特に高齢者施設等では、普段から高齢者の方と接する機会が多く、救急車を呼ばれることが多いと思います。そのような緊急時でもすぐに対応できるように、「救急要請時対応フロー(施設職員向け)」を作成しました。いざというときに活用してください。

フロー図

予防救急

 また、歩行中の転倒やベッドからの転落などで救急搬送される方が見受けられます。特に高齢の方は、少しの病気やけがでも重症化してしまうケースがあるため、日ごろから「予防救急」に取組みましょう。詳しくは、「大阪府予防救急ハンドブック」を参照してください。

大規模災害時の119番通報

 大規模な災害(地震や台風など)の場合、火災・救急・救助などの事故が同時多発的に発生、119番通報の殺到が予想されます。

 実際に大きな被害をもたらした平成30年台風21号接近のときは、停電に関する問合せや苦情など、消防に直接関係ないものが7割以上ありました。緊急通報以外の問合せが相次ぐと119番がつながりにくくなり、火災・救急・救助などの対応が遅れてしまうことも考えられます。

 119番は緊急の回線です。問合せには使用しないでください。また、ライフラインの情報などは消防局ではお答えできませんので、事前に正しい問合せ先を調べておきましょう。

通信指令室の写真

119番の適正利用

 嘘の通報、無言やいたずらで119番した場合、消防法により罰せられることがあります。

 また、このような119番を執拗にすると偽計業務妨害で逮捕されることもありますので、絶対にしないでください。

適正利用を訴えるイラスト

お問合せ

東大阪市消防局 警防部通信指令室
電話: 072(966)9665

この記事を見ている人はこんな記事も見ています