ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

情報化推進室のご紹介

[2017年03月16日]

ID:1579

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

情報化推進室の概要

 情報化推進室は大きく分けて企画担当、運用担当、統計担当の3つのグループから構成されており、行政需要の多様化や地方分権の進行に対し、「利便性の高い行政サービスの提供」「地域の課題解決」「行政事務の簡素化・効率化の促進」を推進し、「夢と活力あふれる元気都市・東大阪市」の実現に向け、ICT(Information and Communication Technology)の面から支えていく役割を担っています。また、あわせて情報セキュリティ対策にも取り組んでいるほか、各種統計調査の業務を行っています。

企画担当

 企画担当では、市の情報化推進の指針となる「新東大阪市情報化推進計画」作成および推進、各課共通の事務を取り扱う庁内LANシステムの構築・運用管理を行っています。また、近年増加している標的型攻撃等のサイバー攻撃への対策、職員の情報セキュリティの意識向上を図るなど情報セキュリティ対策に関することにも取り組んでいます。

運用担当

 運用担当では、市民サービスの提供を行うシステム構築、運用・保守等の管理及び住基ネット・公的個人認証・総合行政ネットワーク等、国・他自治体との連結システム・マイナンバーに係るシステムの構築を行っています。

 また、平成24年4月1日から本市業務・システム最適化計画に基づき、税業務や国民健康保険業務など大型コンピュータ処理が必要なものについて、レガシーシステム(汎用機)から安価なサーバ等の小型コンピュータに順次再構築を行っております。

 このことにより、業務の効率化、運用費削減が期待されており、速やかな移行促進に取り組んでいます。

統計担当

 統計担当では、行政施策の基礎資料を得るため、国勢調査をはじめとする人口、経済、社会などの各部門にわたる統計調査を行っています。調査で得られた結果が、今後の行政施策に活用され、さまざまな学術研究や経済活動のための判断材料として活用されるよう、資料整理に取り組んでいます。

近年の情報化推進への取り組み

取り組みの概要
時期内容 
平成20年12月東大阪市情報化推進計画2策定、東大阪市セキュリティポリシー改定
平成22年1月市民公開型地図情報システム(e~まちマップ)稼動
平成24年3月新情報化推進計画策定
平成24年4月東大阪市業務・システム最適化計画策定
平成24年7月新住民基本台帳システム稼働
平成25年1月新個人市民税システム稼働
平成25年10月新庁内LANシステム稼働
平成27年1月市民公開型地図情報システム(e~まちマップ) リニューアル
平成28年1月新国民健康保険システム稼働
平成28年2月東大阪市セキュリティポリシー改定、証明書コンビニ交付サービス開始
平成28年7月新税総合システム稼働
平成29年1月新介護保険システム稼働
平成29年10月新医療助成システム稼働
平成30年1月新年金・手当システム稼働
平成30年10月レガシーシステム(汎用機)廃止

お問合せ

東大阪市 行政管理部 情報化推進室 

電話: 06(4309)3107~11、13

ファクス: 06(4309)3816

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム