ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年2月22日 オリンピック・パラリンピックの魅力 メダリストらから児童に

[2017年02月22日]

ID:19109

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一ノ瀬メイさんの写真
泳ぎを披露する一ノ瀬メイさんの写真

 花園北小学校の3・4年生77人が、近畿大学水上競技部の山本貴司監督と一ノ瀬メイ選手から、水泳やオリンピック・パラリンピックの魅力などを学びました。
 アテネオリンピック200mバタフライ銀メダリストの山本監督は、「オリンピックでの歓声は他の大会とは違って、鳥肌が立つほどすごく感動しました。皆さんもがんばっている競技で東京オリンピックの出場をめざしたり、会場で応援したりして体感してほしい」と話し、リオデジャネイロパラリンピック200 m個人メドレーなどに出場した一ノ瀬選手は、「オリンピック・パラリンピックにしかない面白い発見がたくさんあるので、ぜひ次の大会は注目してほしい」と話していました。
 また、実際に一ノ瀬選手が児童の目の前で泳ぎを披露。迫力ある泳ぎに児童らは目を輝かせ大きな歓喜をあげていました。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム