ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成26年10月16日 市立総合病院・府立救命救急センターで合同訓練

[2014年10月16日]

ID:14042

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

病院合同訓練の写真
病院合同訓練の写真

 市立総合病院と府立中河内救命救急センターで16日、大規模災害を想定した合同訓練が行われ、両病院の医師や看護師など約140人がトリアージなど連携の確認を行いました。

 この合同訓練は、地域災害拠点病院に指定され、隣接している両病院が、中河内地域をはじめ府下の災害に対応するため、連携強化などを目的に実施するものです。

 近隣市の病院関係者ら約40人が見学する中行われたこの日の訓練は、医師や看護師、患者役など合わせて約140人が参加。訓練想定は、4台のバスが多重衝突事故を起こし、多数の負傷者が発生したという内容で行われました。

 訓練が始まると、災害対策本部や前進指揮所が順次立ち上げられ、参加者らは治療部門やトリアージ部門などに分かれて患者の受入れ準備をすすめていきました。患者役が搬送されてくると、重症度や緊急度に応じて患者を分けるトリアージを実施。医師や看護師が「痛くないですか?」などと声をかけながら脈拍や意識レベルなどを測定した後、重傷部門や中等症部門に搬送していきました。訓練参加者らはトランシーバーを使って各部門と連携を取りあいながら、負傷者の処置を行っていき、重症者4人を含む計37人を受け入れ、訓練は終了しました。

【前のニュース】  【次のニュース】

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム