ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成26年7月9日 ラグビーW杯誘致に一役! 「ラグビースイカ」の収穫が始まる

[2014年7月9日]

ID:13423

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ラグビースイカ収穫の写真
ラグビースイカ収穫の写真

 近鉄花園ラグビー場近くで農業を営む松原功典さんの農園で、ラグビーボールのような形をしたユニークなスイカの収穫が始まりました。

 松原さんは、ラグビーボール型の農産物を栽培して、「ラグビーのまち東大阪」の名産品にしようと、平成4年から栽培を始めました。現在では、スイカのほかにもキャベツやカボチャ、ナスなどの楕円形をした野菜を育てています。

 今年、栽培されたラグビースイカは、黒縞模様の「ウリ坊」という品種で、皮が薄く、甘みが強いのが特徴です。

 松原さんは「今年のラグビースイカは近年では最高の出来です。ラグビー野菜がラグビーのまち東大阪のPRになればと思います」と話していました。

【前のニュース】  【次のニュース】

 

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム