ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

あいさつ

[2018年4月1日]

ID:4149

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

野田市長の写真

東大阪市長の野田義和です。「市長の部屋」にアクセスしていただきありがとうございます。

東大阪市には、世界に誇るオンリーワン、ナンバーワンの技術を持った中小企業が集積しており、歯ブラシから人工衛星まで何でもつくれる「モノづくりのまち」として全国に名を馳せています。
また、全国高等学校ラグビーフットボール大会の開催地でもあり、多くのラガーにとって憧れの聖地である東大阪市花園ラグビー場を有する「ラグビーのまち」としても広く知られています。この日本最古のラグビー専用球技場は、ラグビーワールドカップ2019日本大会においても、開催地の一つとして国内外から多数のお客様を迎え入れ、本市のシンボルとして全世界に本市の魅力を発信するとともに、世界中を熱狂させた日本大会の成功の一翼を担いました。
そして、本市は26の駅に見られる鉄道路線や高速道路網など、府内でも稀に見る交通環境に恵まれ、本市から1時間以内に京都や奈良、神戸などの主要都市、空港、港に行くことができます。JRおおさか東線の市内各駅からは切符1枚で新幹線に乗ることができ、日本各地へのアクセスが便利なことも魅力の一つです。加えて、南伸事業に着手した大阪モノレールは完成すれば本市域の既設鉄道3路線と結節し、府下においては在来10路線と新たなネットワークを形成する事となり、本市の利便性は今後さらに発展していきます。このような交通利便性を土台に中小企業の集積、ラグビーなどの特性を活かし、人々の笑顔や活気があふれるあかるく元気なまちづくりを推進してまいります。

現在、本市は約50万の市民が暮らす中核市ではありますが、将来的には少子高齢化の影響などによる大幅な人口減少が推測されています。しかし、上述した本市の魅力や強みを活かし、人口減少問題に対してさまざまな施策を実施すべく、実現すべき将来都市像を「つくる・つながる・ひびきあう-感動創造都市 東大阪-」と定める「東大阪市第3次総合計画基本構想」を令和元年12月に策定いたしました。基本構想では、特に重点的に取り組むべき施策として「若者・子育て世代に選ばれるまちづくり」、「高齢者が活躍するまちづくり」、「人が集まり、活気あふれるまちづくり」の3点を位置付け、今後、この基本構想に基づき、取り組むべき施策を示す「基本計画」と、施策毎の具体的な事業計画を示す「実施計画」の策定に向けて、前向きに取り組んでまいりますので、これからのまちづくりにご期待ください。

 これからも行政の代表として、精励恪勤の理念を持ち市民の皆さんと一緒に暮らしやすいまち、優しいまちづくりを取り組んでまいりますので、一層のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

お問合せ

東大阪市 市長公室 秘書室 秘書課 

電話: 06(4309)3100

ファクス: 06(4309)3847

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています