ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

自主回収報告制度について

[2018年4月27日]

ID:1523

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「大阪府食の安全安心推進条例」に基づく「自主回収報告制度」を実施しています。

事業者の方が食品等の自主回収をおこなう場合は、保健所に報告してください。

 本制度では、事業者が行う食品等の自主回収のうち、食品衛生法違反またはその疑いがある製品を自主回収する場合に、その内容を保健所に報告することを義務づけ、報告された情報をホームページで公表します。
 また、回収終了時にもその旨を報告していただくことにより、回収された食品等が再び府民の手に渡ることがないよう、行政が確認することとしています。
 なお、従来から食品関係事業者が食品等の自主回収を行う場合、保健所への相談を勧奨してきましたが、この点は今後も変わることはありません。

自主回収報告制度の概要

対象者

大阪府内に事務所・事業所を有している次項に該当する者

  • 生産者、輸入者、生産者、輸入者の構成団体
  • 固有記号の販売者
  • 商品に氏名、法人名、商標等自己を示す文字・記号を表示した販売者

対象品

  • 前記対象者が生産、製造、加工、輸入、販売した食品、添加物、器具、容器包装、農林水産物

対象となる回収事由

  • 表示違反(以下を除く)以外の食品衛生法違反(疑)の場合
  • 期限表示、アレルギー表示、保存方法表示の違反の場合

行政の実施する内容

  • 出荷先等関係自治体への情報提供
  • 回収を円滑にするためのホームページでの公表
  • 回収方法等の指導

例外:以下の場合は報告の対象としない

  • 生産者、輸入者が、その事業場所で直接府民に販売する場合
  • 府域内に流通していないことが明らかな場合
  • 府民に販売されていないことが明らかな場合

自主回収報告制度をより詳しく知りたい方は

大阪府ホームページで、条例の内容、Q&A、リーフレット等の詳しい説明がご覧になれます。

http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/jisyukaisyu/index.html(外部サイトへ移動します)

なお、リーフレットは保健所でもお渡しできます。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

東大阪市内に事務所・事業所を有している方用の報告様式

報告書 記入例

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 食品衛生課 

電話: 072(960)3803

ファクス: 072(960)3807

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


自主回収報告制度についてへの別ルート