ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市骨髄移植ドナー等支援助成事業

[2017年06月01日]

ID:19758

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東大阪市骨髄移植ドナー等支援助成事業

東大阪市骨髄移植ドナー等支援助成事業を実施しています。公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄等を提供した者(以下「ドナー」という。)及びドナーを雇用している事業所に対し東大阪市骨髄移植ドナー等支援助成事業にかかる助成金交付要綱に基づき助成金を交付します。

対象者 (助成金の交付に際しては審査があります。)

ドナー助成対象者

骨髄等の提供時に市内に住所を有する者であって、骨髄バンク事業において骨髄等の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた者( 以下「助成対象ドナー」という。)

事業所助成対象者

助成金の交付の決定を受けた助成対象ドナーの骨髄等を提供するために入通院に要した日がすべて勤務を要する日であった国内に事務所を有する事業者( 以下「助成対象事業所」という)。ただし、 国及び地方公共団体並びに国又は地方公共団体が出資している法人と助成対象ドナー本人を除く。

助成金の額

助成金の額は次のとおり。
    1. 助成対象ドナー 骨髄等の提供に係る通院又は入院( 骨髄等の採取又はこれに関連した医療処置によって生じた健康被害のためのものを除く。) の日数に2 万円を乗じた額。ただし、1 回の骨髄等の提供につき14万円を限度とする。

    1. 助成対象事業所 助成対象ドナー1 人につき7 万円

申請方法

助成対象ドナーの場合

ドナー用交付申請書(様式第1号) を骨髄等の提供が完了した日から9 0 日を経過する日までに、次に掲げる書類を添えて健康づくり課に提出してください。
    1. 骨髄等の提供時に市内に住所を有することが確認できる書類

    1. 骨髄バンクが発行した骨髄等の提供が完了したことを証明する書類

    1. その他市長が必要と認める書類

助成対象事業所の場合

事業所用交付申請書(様式第2号) を助成対象ドナーが交付決定を受けた日から9 0 日を経過する日までに、次に掲げる書類を添えて健康づくり課に提出してください。

    1. 助成対象ドナーとの雇用関係を証明できる書類

    1. 役員等名簿(様式第3号)

    1. その他市長が必要と認める書類

注意事項

  • 事業所助成のみの申請はできません。
  • 平成29年4月1日以降に上記の条件を満たす方が対象です。

申請用紙

骨髄等の移植について

日本骨髄バンクでは、ドナーの方と患者さんのご意向を踏まえて、骨髄移植と末梢血幹細胞移植のいずれかを選択できます。

骨髄採取の方法(骨髄採取は腰の骨から)

骨髄液は、骨盤を形成する大きな骨=腸骨(腰の骨)から注射器で採取されます。

骨髄採取の多くは全身麻酔下で行われ、所要時間は1~3時間です。

詳細につきましては以下の関連リンクからご確認をお願いいたします。

末梢血幹細胞採取の方法(末梢血幹細胞採取は腕から)

腕(腕から採取できない場合は足の付け根)に針を刺し、血液中の造血幹細胞だけを取り出し、残りの血液を戻します。

所要時間は約3~4時間で、その間、両腕は動かせません。

詳細につきましては以下の関連リンクからご確認をお願いいたします。

日本骨髄バンクのドナー登録について

日本骨髄バンクのドナー登録は、お近くの血液センターや献血ルームへお越しください。

詳細につきましては以下の関連リンクからご確認をお願いいたします

関連リンク

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 健康づくり課 

電話: 072(960)3802

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム