ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ラグビー場の歴史

[2017年02月28日]

ID:19033

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

聖地“花園”の歴史紹介

1928年(昭和3年)

10月、秩父宮様が橿原神宮にご参拝のため大阪電気軌道株式会社(現在の近畿日本鉄道株式会社)の電車に乗車され、役員の方と車中でご歓談中、「沿線にはずいぶん空き地が多いじゃないか。この辺に今台頭しつつあるラグビーの専用競技場を作ったらどうか。乗客も増えて会社も利益を得るのではないか」という内容のお言葉があったことによります。

12月10日、大阪電気軌道の役員会でラグビー場の建設を決議。翌日の新聞には「東洋唯一のラグビー専用競技場の建設」と大きく報じられました。

1929年(昭和4年)

1929年(昭和4年) 当時のラグビー場の写真
1929年(昭和4年) 当時のラグビー場の写真

11月22日、当時の大阪府中河内郡英田村大字吉田花園に花園ラグビー運動場を竣工し、日本最初のラグビー専用グラウンドとして開場。オープニングゲームには、「全日本選抜OB vs 全日本選抜学生」の記念試合が組まれ開場を祝いました。
当時、ラグビー場の建設は国内に例を見なかったことからイギリスのトゥイッケナムラグビー場を範として、周囲各10ヤード(9メートル)の余地を設け、縦横100分の1の勾配をつくって水はけをよくし、全面に高麗芝を植えました。

1932年(昭和7年)

花園ラグビー場初となる国際試合をカナダチームと行う。

1943年(昭和18年6月以降)

金属類回収令に沿って大鉄傘を提供したときの写真

第2次世界大戦が激化し、昭和16年8月に公布された金属類回収令に沿って、昭和18年6月25日に大鉄傘(メインスタンドの屋根)が撤去、供出されました。

1945年(昭和20年)

10月4日に連合国軍が花園ラグビー場を接収。

1947年(昭和22年)

花園ラグビー場でアメリカンフットボールがされていたときの写真

12月、米国第九八師団に接収されアメリカンフットボールに使用されました。

1949年(昭和24年)

6月3日に接収が解除されてから、年々施設を増強、特に芝の張り替えと育成には力を尽くしました。

1952年(昭和27年)

10月にラグビー界50年来の夢が実現し、オックスフォード大学と全日本軍が対戦。
このとき、オックスフォード大学の選手から「世界でトゥイッケナムに次ぐグラウンドだ」と花園ラグビー場が讃嘆されました。

1953年(昭和28年)

ラグビー場と併設しゴルフショット場が行われていた時の写真
ラグビー場と併設しゴルフショット場が行われていた時の写真

ラグビー場と併設しゴルフショット場(打ちっ放し場)の営業を始める(平成3年5月まで営業)

1954年(昭和29年)

ラグビー場を囲むようにゴルフコースがあった時の写真

ラグビー場を囲むようにゴルフコース(ショートゴルフコース)の営業を始める(平成10年まで営業)

1949年(昭和24年)

第2回全国ラグビー大会開催。

1956年(昭和31年)

第8回全国社会人ラグビー大会を開催。 (以降隔年開催~平成14年まで開催)

1959年(昭和34年)

日本 vs カナダの試合の写真

日本 vs カナダの試合が行われる。

日本 vs ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の連合チームの試合写真
日本 vs ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の連合チームの試合写真

日本 vs ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の連合チームの試合が行われる。

1963年(昭和38年)

第42回全国高等学校ラグビーフットボール大会の写真
第42回全国高等学校ラグビーフットボール大会の写真

第42回全国高等学校ラグビーフットボール大会が花園ラグビー場で開催されました。
以前は、全国高等学校ラグビーフットボール大会は、西宮球技場(兵庫県)で開催されていたが、昭和38年の名神高速道路の建設で競技場の規模が縮小されるため、昭和38年の第42回大会より花園ラグビー場で開催されることになりました。

1971年(昭和46年)

全国高等学校ラグビーフットボール大会 決勝の写真
全国高等学校ラグビーフットボール大会 決勝の写真

1月 全国高等学校ラグビーフットボール大会 決勝 盛岡工業 vs 天理

1976年(昭和51年)

花園ラグビー場周辺の風景写真

花園ラグビー場周辺の風景

1980年(昭和55年)

近鉄の名が入っていない時の写真(花園ラグビー場)
近鉄の名が入った時の写真(近鉄花園ラグビー場)

「花園ラグビー場」から「近鉄花園ラグビー場」に名称を変更する。
(左側の写真は、近鉄が入っていない当時の写真)

スコアボードを更新したときの写真

スコアボードを更新

1983年(昭和58年)

近鉄花園ラグビー場周辺の風景の写真

近鉄花園ラグビー場周辺の風景

1991年(平成3年)

施設整備工事施行・スコアボード更新・ゴルフショット場(打ちっ放し場)の営業を中止。
全国高等学校ラグビーフットボール大会は仮使用で大会実施、第1グラウンドに洋芝生を導入しました。

1992年(平成4年)

大規模な改修工事が完了。
メインスタンド鉄傘・練習グラウンド新設・第2グラウンド洋芝化・ラグビー史料室開設

1997年(平成9年)

なみはや国体(第52回国民体育大会)の会場の写真
なみはや国体(第52回国民体育大会)の会場の写真

なみはや国体(第52回国民体育大会)の会場として利用されました。

2003年(平成15年)

ジャパンラグビートップリーグ開幕

2004年(平成16年)

第2グラウンドを東側に5m移設しました。

2005~2008年(平成17年~平成20年)

第1グラウンドの土壌改良を行った芝生の写真
第1グラウンドの土壌改良を行う(土壌を20cm~30cm砂状に改良)

2013年(平成25年)

「日本代表 vs ウェールズ代表」のテストマッチの写真
「日本代表 vs ウェールズ代表」のテストマッチの写真

「日本代表 vs ウェールズ代表」のテストマッチが行われ、2万人を超える観客らで会場は満員になりました。

2015年(平成27年)

3月2日、近鉄花園ラグビー場がラグビーワールドカップ2019日本大会の会場に選ばれましたときの写真

3月2日、近鉄花園ラグビー場がラグビーワールドカップ2019日本大会の会場に選ばれました。

「近鉄花園ラグビー場」から「東大阪市花園ラグビー場」に変更となった時の写真
近畿日本鉄道株式会社から東大阪市が土地を購入し、建物は無償譲渡されたことに伴い、名称が4月より「近鉄花園ラグビー場」から「東大阪市花園ラグビー場」に変更となりました。
音楽フェスティバルの写真
音楽フェスティバルの写真

5月30日、地元自治会などで構成する実行委員会が音楽フェスティバルを初めて開催。河内太鼓や地元の中学・高校生、近畿大学の学生による吹奏楽の演奏、さらにさだまさしさんのスペシャルライブも行われました。

2016年(平成28年)

TAKENOKO!!!@東大阪市花園ラグビー場の写真
TAKENOKO!!!@東大阪市花園ラグビー場の写真
TAKENOKO!!!@東大阪市花園ラグビー場の写真
TAKENOKO!!!@東大阪市花園ラグビー場の写真

All Photos by Masamune Maeda / Junpei Hiyoshi / Yuta Watanabe

『TAKENOKO!!!@東大阪市花園ラグビー場』が3月に開催され、きゃりーぱみゅぱみゅさんや中田ヤスタカ(CAPSULE)さんなど日本の音楽シーンを代表するアーティストたちが圧巻のパフォーマンスを披露しました。

2016年(平成28年)

関西ワールドマスターズゲーム2021の会場発表時の写真
関西ワールドマスターズゲーム2021の会場発表時の写真
10月、関西ワールドマスターズゲームズ2021 ラグビーの競技会場が花園に決定しました。

2017年(平成29年)

改修前、最後の花園での高校ラグビー大会の写真
改修前、最後の花園での高校ラグビー大会の写真
改修前最後の花園で、全国高等学校ラグビーフットボール大会が開催され多くの来場者で賑わいました。
ラグビー場での「ありがとうイベント」の様子
ラグビー場での「ありがとうイベント」の様子
1月、改修を前に「ありがとうイベント」を開催しました。
参加者は、改修前最後のラグビー場に別れを惜しみました。

出典

  • 近鉄ラグビー部50年史
  • 近畿日本鉄道 社内誌ひかり初夏号 ’69 No.3
  • 大阪電気軌道株式会社30年史
  • 日本ラグビーフットボール協会80年史
  • 近畿日本鉄道100年のあゆみ

お問合せ

東大阪市 花園ラグビーワールドカップ2019推進室 

電話: 06(4309)3020

ファクス: 06(4309)3847

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム