ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

平成26年5月29日 世界的アスリートが小学生に「夢をもち、努力をしよう」

[2014年5月29日]

ID:13125

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ユメセンサーキットの写真

 世界で活躍したスポーツ選手らが、夢をもつことやそれに向かって努力を続けることの大切さ、仲間と協力してやり遂げることのすばらしさを伝える「夢の教室」(日本サッカー協会主催)が5月29日、小阪小学校で5年生を対象に開かれました。
 この日の「夢先生」は、日本人3人目のメジャーリーガー・マック鈴木さん。まずは体育館で体と頭を使うゲームを行い、仲間と手を取り合って同じ目標に向かうことで、1人よりもたくさんの力が生まれる、ということを学びました。

ユメセンサーキットの写真

 その後は教室で、マック鈴木さんがエリート野球少年からの挫折、渡米後の苦悩と成功など、自身の半生を語りました。マック鈴木さんは「みんなはまだ小学5年生だから、これから何にだってなれる。でも、努力をしなければ何にもなれない。人生にはうまくいくときもいかないときもあるけれど、夢をもってあきらめずに努力を重ねることが大切」と児童らを激励しました。
 「夢の教室」に参加した5年2組の児童らは「これからはみんなで協力して楽しむ遊びがしたい」「自分の夢に向かってサボらず努力を続けようと決めた」と目を輝かせていました。

お問合せ

東大阪市 市長公室 広報広聴室 広報課 

電話: 06(4309)3102

ファクス: 06(4309)3821

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム