高井田中学校校長の辻 秀明です。
本年度もどうかよろしくお願いします。  
 

私は、伝統ある高井田中学校を日本一の学校にしたいと考えています。日本一の学校とは、みんなが学校のことを自慢できる、誇れる学校のことです。これから日本一をめざすためには、次の3つのことが絶対必要です。

 

まず一つ目は、「授業を大切にする」学校になることです。先生も生徒も学校の中心である授業に真剣に取り組むこと。これが日本一に近づく第一歩です。

次に二つ目は、「仲間と仲良くする」学校になることです。同じクラスや学年の仲間はもちろん、先輩や後輩とも生徒会活動、クラブ活動などで一緒に頑張ること。これで日本一にさらに近づきます。

最後に三つ目は、「きれいな学校にする」ということです。ごみや落書きのない廊下や教室など、くつを揃えるなど、きちんと整頓された美しい環境、また元気な声や笑顔での「おはよう」「ありがとう」などの挨拶、きちんとした身だしなみも日本一の学校になるには欠かすことができません。

いい加減に授業を受けたり、授業の邪魔をしたり、いじめや暴力のある学校、ごみだらけ学校では、絶対に日本一にはなれません。常に自分のまわりにいてくれる人に感謝の気持ちを持ち、考え、行動し一緒に日本一の学校をめざし挑戦していきましょう。

 

*今年度も「校長だより」として「がんばれ高井田」を発行しています。「がんばれ高井田」には、生徒たちが日々の授業やクラブ活動、学年・学級、学校行事(運動会・職場体験・修学旅行・文化祭など)で一生懸命がんばっている姿を中心にお伝えします。是非「学校通信」のページもご覧ください。