ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

東大阪市

あしあと

    市営南蛇草住宅敷地のモノづくり企業用地としての活用に向けたサウンディング型市場調査

    • [公開日:2023年6月26日]
    • [更新日:2023年9月29日]
    • ID:36463

    市営南蛇草住宅敷地のモノづくり企業用地としての活用に向けたサウンディング型市場調査を行います

    調査結果を公表します

    (令和5年8月4日)質問及び回答を公表します

    備考:参加申込書の提出期限は令和5年8月21日月曜日正午です

    サウンディング型市場調査とは

    市有地等の活用検討の早い段階でその活用方法について事業者の皆さんから広くご意見をいただく「対話」を通じて市場性等を把握する調査のことです。この調査の利点として、市は事業の実現可能性や事業者の意向、活用に向けたアイデアなどを把握し、事業者がより参加しやすい公募条件を設定することができます。また、事業者についても、市の運営方針や考え方を事前に確認できるほか、事業者としての考え方を直接伝えることができるなどのメリットがあります。

    調査の対象

    名称 市営南蛇草住宅敷地

    地番 東大阪市渋川町一丁目66番3

    敷地面積 1980.42平方メートル

    調査の目的

    調査の対象となる市営南蛇草住宅敷地(以下「当該地」という。)は、昭和28年に取得し市営住宅として管理運営してきましたが、老朽化などの課題があったことから別の市営住宅に集約移転を行い、現在は閉鎖しています。他方で、当該地には次の特長があります。

    (1)アクセス・敷地面積 西に内環状線(国道479号線)、東に中央環状線・近畿自動車道と動線が非常に優れており、大阪市をはじめとする周辺自治体へのアクセスが良好で、かつ、敷地面積も広大な希少な物件であること。

    (2)建築制限 モノづくり企業の集積を維持するためのモノづくり推進地域(備考)内にあるため、住宅建築の際などに一定のルールがあり、良好な操業環境の保全が求められること。

     そこで、モノづくり企業のための事業用地としての市場性を把握するとともに、今後の有効活用を検討し、もって市内経済の活性化や雇用創出につなげるため、調査を実施するものです。

    (備考)モノづくり推進地域とは

     モノづくり企業の集積維持するため条例に基づき指定した本市の工業地域全域と準工業地域の約91%を言います。当該地域では住宅建築の際などに一定のルールが定められている他、工場建設に対する各種補助金が優遇的に助成されます。詳細については、下記実施要領等をご確認ください。

    調査のスケジュール

    令和5年
    日程 内容

    6月26日月曜日

    実施要領の公表

    7月14日金曜日正午まで

    現地見学会申込【希望者のみ】

    7月21日金曜日14時30分から15時30分まで

    現地見学会【希望者のみ】

    7月28日金曜日正午まで

    質問受付【希望者のみ】

    8月4日金曜日

    質問回答

    8月21日月曜日正午まで

    参加申込書提出

    8月28日月曜日から30日水曜日

    個別ヒアリング実施

    9月頃

    調査結果概要の公表

    その他詳細については下記実施要領等をご覧ください

    【参考資料】補助金制度のご案内

    お問い合わせ

    東大阪市都市魅力産業スポーツ部モノづくり支援室

    電話: 06(4309)3177

    ファクス: 06(4309)3846

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム