ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

集団接種会場におけるワクチンの余剰の発生について

[2021年6月3日]

ID:30573

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本市の新型コロナウイルスワクチン集団接種会場において、令和3年6月1日(火曜日)に本来発生しないワクチンの余剰が1名分発生していたことが判明しました。


経過と概要

令和3年6月1日(火曜日)、集団接種会場である市役所本庁舎において、接種予定者252名に対しワクチンを充填した注射器252本を用意して、新型コロナウイルスワクチンの接種を行いました。

午前の接種が終了し、受付人数とワクチン接種確認済の人数に相違がない事を確認。午後3時50分頃に午後の接種が終了し、ワクチンが充填された注射器の残り数を確認したところ、1名分が残っていることが判明しました。

このことから6月1日(火曜日)の午後に市役所本庁舎で接種を受けた150名の方へ、6月2日(水曜日)と6月3日(木曜日)に電話や訪問にて接種の確認を行っていますが、現在149名の方がワクチンを接種したとの回答でした。

なお、残る1名の方につきましても引き続き連絡を行っているところです。


今後の対応

6月1日(火曜日)の午後に市役所本庁舎で接種を受けた記録のある150名の方のうち、抗体検査を希望される場合は今後検査を実施いたします。

また、各会場での再発防止を徹底し、市民の皆さまへの円滑、迅速、安全なワクチン接種を進めてまいります。

お問合せ

東大阪市 健康部   新型コロナウイルスワクチン接種事業課 

電話: 072(929)8240

ファクス: 072(929)8239

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム