ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

コロナ禍における救急体制

[2021年5月25日]

ID:30496

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 保健所の管理のもと、新型コロナウィルス感染症患者の搬送先医療機関が決まらないなどの理由により、救急車が長時間対応することがあります。このような場合には、救急の資格を持った職員で編成した新たな隊を現場へ向かわせ救急隊と交代しています。

 さらに、長時間を要する事案が重複した場合も、救急の資格を持った職員を含む2名が救急隊と交代し患者に酸素投与などを行うことで、新型コロナウィルス感染症以外の病気やケガで救急車が必要な方からの通報に遅延なく駆けつけることができるよう、保健所との連携を密にしながら救急体制を整えています。

市民の皆さんにおかれましては、引き続き救急車の適正利用をお願いします。

お問合せ

東大阪市 消防局 警防部警備課 

電話: 072(966)9664

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム