ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

自宅療養者に対する夜間・休日における症状増悪時の相談・往診を実施しています

[2021年5月25日]

ID:30493

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 新型コロナウイルス感染症の自宅療養者および入院待機中の患者さんの症状が急変した場合、速やかに緊急的な対応が必要となります。このことから東大阪市においては、療養者への健康観察、パルスオキシメーターの貸与、オンライン診療医療機関および郵送対応可能な処方箋薬局の案内などの取り組みを実施してきました。

 5月15日より大阪府自宅療養者緊急相談センター事業を活用し、患者さんの健康管理を目的とした往診相談も実施しています。

夜間や休日に、自宅療養者や入院待機中の患者さんから新型コロナ受診相談センターへ症状について相談を受けた場合は、センターより医療機関に往診を依頼し、派遣された医師や看護師が療養者の自宅において、往診や初期治療を実施します。

夜間や休日に病状が悪化された自宅での療養中の方につきましては、新型コロナ受診相談センターにご相談ください。

  • 新型コロナ受診相談センター (専用電話)072-963-9393 ファクス072-960-3809
自宅療養者に対する夜間・休日における症状増悪時の相談・往診の対応のフロー図

お問合せ

東大阪市 健康部   新型コロナウイルス感染症課 

電話: 072(960)3805

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム