ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対するサービス提供体制確保事業

[2021年11月2日]

ID:27539

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対するサービス提供体制確保事業

介護サービスは要介護・要支援の高齢者やその家族にとって住み慣れた地域における生活を支えるために必要不可欠なものであることから、介護サービス事業所等が関係者との緊急かつ密接な連携の下新型コロナウイルス感染症への感染機会を減らしつつ、必要な介護サービスを継続して提供するために支出する通常の介護サービスの提供時では想定されない、かかり増し経費等に対して支援を行います。


事業内容

感染者が発生又は濃厚接触者に対応した介護サービス事業所・施設等及び居宅でサービスを提供する通所系サービス事業所

令和3年4月1日以降、令和4年3月31日までに、

(1)利用者又は職員に感染者が発生した介護サービス事業所・介護施設等(職員に複数の濃厚接触者が発生した場合を含む)

(2)濃厚接触者に対応した訪問系サービス事業所、短期入所系サービス事業所、介護施設等

(3)大阪府知事又は東大阪市長から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所系サービス事業所

(4)感染等の疑いがある者に対して一定の要件のもと自費で検査を実施した介護施設等((1)、(2)の場合を除く)

(5)病床のひっ迫等により、やむを得ず施設内療養を行った高齢者施設等

(6)(1)及び(3)に該当しない通所系サービス事業所(小規模多機能型居宅介護事業所及び看護小規模多機能型居宅介護事業所(通いサービスに限る)を除く)であって、当該事業所の職員により、居宅で生活している利用者に対して、利用者からの連絡を受ける体制を整えた上で、居宅を訪問し、個別サービス計画の内容を踏まえ、できる限りのサービスを提供した事業所


(1)から(6)について、関係者との緊急かつ密接な連携の下、感染機会を減らしつつ、必要な介護サービスを継続して提供するために必要な経費について支援を行う(福祉用具貸与事業所を除く。)

感染者が発生した介護サービス事業所・施設等の利用者の受け入れや応援職員の派遣を行う事業所・施設等

令和3年4月1日以降、令和4年3月31日までに、

(1)上記(1)又は(3)の介護サービス事業所・介護施設等

(2)感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業した介護サービス事業所(各介護サービス事業所又は介護施設等が定める運営規程の営業日において、営業しなかった日が連続3日以上である事業所)


(1)(2)の利用者の必要な介護サービスを確保する観点から、当該事業所・施設等の利用者の積極的な受け入れや職員が不足した場合に応援職員の派遣を行った連携先の介護サービス事業所・介護施設等に対して、緊急かつ密接な連携を実施することに伴い必要となる経費について支援を行う。

サービス提供体制確保事業の申請方法

下記の申請様式を記入し、メールにて提出してください。

申請期日:令和3年12月28日火曜日

※申請期日後は、個別にお問合せください。

提出先は、kaigorenraku2ab★city.higashiosaka.lg.jp (メールを送られる際は★を@に置き換えてください。)

にお願いします。

サービス提供体制確保事業補助金交付について

申請様式(交付決定通知後)

お問合せ

東大阪市 福祉部  高齢介護室 高齢介護課 

電話: 06(4309)3185

ファクス: 06(4309)3814

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所等に対するサービス提供体制確保事業への別ルート