ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

市民の皆さまへ(市長メッセージ)【9月2日更新】

[2021年9月2日]

ID:26865

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

全国各地において新型コロナウイルスの新規感染者が過去に経験のない、まさに爆発的な状況で確認されております。

新型コロナウイルスが感染力の強い「デルタ株」に置き換わる中、感染しにくいとされてきた子ども達への感染も増加傾向にあります。

本市の感染状況につきましても、連日100名を超えるなど高い水準で感染が確認されている状況です。

 

度重なる宣言の発出により、若者世代の間では、いわゆる「宣言慣れ」により、危機意識が低下しているとも言われており、感染終息の兆しが見えない中で、これまでと全く異なる極めて危機的な状況であることを、私たちは認識しなければなりません。

 

私たちが今しなければならないことはこれまで以上に、一人ひとりが強い危機感を持ち、基本的感染防止対策を徹底することです。

そして、ワクチンを接種することです。現在の感染状況では、高齢者が減少し、若者世代が増加しています。これは、高齢者へワクチン接種を先行した結果の現れと確信しています。

 

私たち一人ひとりの行動が大切な命を守ることにもつながります。救える命が救えなくなるような事態だけは絶対に避けなければなりません。皆さまのご協力をお願いします。

 

本市のワクチン接種につきましては、9月以降、国からのワクチンも安定して供給されることとなり、個別接種及び集団接種の接種回数を約16,000回分から約28,000回分に増やし、集団接種会場の開設時間の延長や、花園ラグビー場会場の再開、そして、新たに妊婦とそのパートナーなどを対象にした集団接種の優先接種枠を設けるなど、市民の皆さんに早期にワクチンを接種していただけるよう接種体制の強化を行ってまいります。

 

本市では、新型コロナの感染の急拡大に対応するため、「子どもたちの学びを止めない」「保育を止めない」「市の業務を止めない」ことを目的とした学校園、保育所などで使用するPCR・抗原検査キットの整備を行ってまいります。

 

本市におきましては、市民の皆さんが安心して生活していただけるように感染拡大抑止に最大限、できる限りのあらゆる対策を講じてまいります。 


 令和3年9月2日

東大阪市長 野田 義和

お問合せ

東大阪市 市長公室 秘書室 秘書課 

電話: 06(4309)3100

ファクス: 06(4309)3847

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム