ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

市民の皆さまへ(市長メッセージ)【2月26日更新】

[2021年2月26日]

ID:26865

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症について

政府は、大阪など10都府県に発令している新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、大阪、京都、兵庫3府県と愛知、岐阜、福岡各県を2月末で解除する事を表明されました。

 本市における感染状況は、市民の皆さまのご協力により、減少傾向となっておりますが、緊急事態宣言の解除後に再び感染者が急増するリバウンドも懸念されており、気を緩めることなく、基本的な感染予防対策の取組みを引き続き、お願いします。

 

また、国内で医療従事者を対象とした新型コロナワクチンの先行接種が開始されました。

 本市におきましては、本市で実施する高齢者向け接種や市民の皆さまへの接種が円滑、迅速、何よりも安全に実施できるよう準備を進めております。

 

 市民の皆さまが安心してワクチンを接種していただけるよう枚岡、河内、布施の市内3医師会、3薬剤師会などのご協力を得て、地域の診療所等での個別接種及び、市内4か所(四条図書館2階(旧東保健センター)、市花園ラグビー場、ヴェル・ノール布施、市役所本庁舎)の集団接種会場の体制確保を進めております。今後、接種スケジュール等、詳細が決まり次第、市民の皆さまへお知らせしてまいります。

 

 本市では、新型コロナウイルス感染症の支援策として、令和3年第1回定例会において小学校給食費無償化事業や飲食業を含む中小事業者などを対象とした水道料金減免事業、コロナ禍においても前向きな設備投資を行う市内製造業者に対しての支援をはじめ、市内で小規模事業者が行うキッチンカー導入補助事業などを提案し、引き続きポストコロナも見据えた施策を進めてまいります。

 

 本市といたしましては、感染拡大抑止と経済活動の両立を続け、市民の皆さまが安心して生活していただけるように東大阪市役所一丸となり全力を尽くしてまいります。 

 


令和3年2月26日

東大阪市長 野田 義和

【基本的な感染予防対策について】

  • 3つの密を避ける
  • 人との間隔は、できる限り2m(最低1m)空ける
  • 症状がなくてもマスクの着用
  • まめに手洗い、手指消毒
  • 接触確認アプリの登録・活用
  • 注意力の低下や気の緩みなどにより、感染リスクが高まる「5つの場面」に注意する
  • 換気を徹底する(台所や浴室、トイレの換気扇の運転を行う「機械設備による換気」や、定期的に部屋の空気を入れ替える「窓の開放による換気」)

行事やイベントの開催を検討されている皆さんへのお願い

主催者はオンラインを活用した形での開催や開催時期、時間の分散化等、在り方について慎重に検討をお願いします。

また、イベント開催にあたっては、以下の基本的な感染防止策の徹底をお願いします。

  • 会場やその周囲での密集、三密、混雑をできる限り避ける(参加人数を制限など)
  • 換気の徹底
  • 業種別ガイドラインの遵守
  • 適切な雑踏警備等の実施
  • 会場での飲食を控える
  • 会場での感染防止策の徹底(マスクの着用、手指消毒など)
  • 検温の実施等により、体調が悪い人の参加を断る
  • 接触確認 アプリ「COCOA」の利用の啓発、大阪コロナ追跡システムの活用

※上記の感染防止対策の徹底や適切な雑踏警備ができないと判断される場合は、不特定多数の方の参加を控え、関係者だけで実施されるなど、開催自粛等を含めた検討をお願いします。

リンク