ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

旧三ノ瀬小学校敷地等の有効活用に向けたサウンディング型市場調査

[2019年11月7日]

ID:25562

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【令和元年11月7日】結果概要を公表します

ファイルダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【令和元年9月20日】質問及び回答を掲載します

ファイルダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

旧三ノ瀬小学校敷地等の有効活用に向けたサウンディング型市場調査を実施します

調査の目的

 本市では、平成20年11月に策定した「東大阪市学校規模適正化基本方針」に基づき、平成30年4月に旧三ノ瀬小学校を旧太平寺小学校と統合し、学校施設については旧太平寺小学校の施設を使用することから、旧三ノ瀬小学校は平成25年11月に策定した「東大阪市公共施設再編整備計画」において、跡地の有効活用の検討対象施設となっています。
 旧三ノ瀬小学校敷地については、公共交通機関では近鉄布施駅から徒歩9分(約650m)JR俊徳道駅及び近鉄俊徳道駅から徒歩9分(約650m)の位置にあり、当該地西側には府道172号線があり、北に中央大通り、西に内環状線、南に勝山通及び北八尾街道(府道173号線)と動線が非常に優れており、周辺には、東大阪市最大の商業地として商店やオフィスが立ち並び、中距離になると近畿大学、大阪商業大学や大阪樟蔭女子大学があり昼夜問わず人が集まる立地条件にあります。
 当該土地の有効活用については、地の利を活かした施設があれば、市民のみならず、市外からも人を呼ぶことができ、街が活性化し、にぎわいを創出できると考えられることから、誘致の可能性について、行政内部の検討のみではなく、事前に前提条件を伝えた上で民間事業者との対話の場を設け、市場の動向や活用アイデアを把握することを目的にサウンディング型市場調査(以下「サウンディング」という。)を実施するものです。

調査にあたっての主な前提条件

  1. 三ノ瀬公民分館及び旧福祉作業所(現在廃所)は調査対象外とします。
  2. 旧三ノ瀬小学校敷地内の国有地のみ、三ノ瀬公園敷地のみ、又は旧三ノ瀬小学校敷地内の国有地と三ノ瀬公園敷地のみを活用する提案は不可とします。
  3. 旧三ノ瀬小学校敷地内にある既存建物を使用する提案は可能とします。ただし、耐震性がない既存建物については、民間事業者の負担にて耐震補強工事等を行うことで使用することを可能とします。
  4. 旧三ノ瀬小学校敷地内にある既存建物の解体・撤去・処分工事を行う場合は、基本的には民間事業者で行うことを想定しています。
  5. 本市がサービス対価を支払って、床の一部の賃借、又は行政サービスの提供をすることは、現時点では想定していません。

サウンディングの実施概要

調査の名称

 旧三ノ瀬小学校敷地等の有効活用に向けたサウンディング型市場調査

調査のスケジュール

 
日程  内容
 令和元年8月21日(水曜日) 本調査の実施要領の公表
 令和元年9月2日(月曜日) 17 時30 分まで 現地見学会募集申込締切
 令和元年9月6日(金曜日) 現地見学会
 令和元年9月13日(金曜日) 17 時30 分まで 質問受付締切
 令和元年9月20日(金曜日) 質問回答
 令和元年9月24日(火曜日)~9月27日(金曜日) 参加申込受付期間(エントリーシート提出期限)
 令和元年10月2日(水曜日) サウンディング実施日時及び場所の連絡
 令和元年10月9日(水曜日) 正午まで 事前ヒアリングシート提出締切
 令和元年10月15日(火曜日)~10月18日(金曜日) サウンディング実施
 令和元年10月下旬以降 調査結果概要の公表

サウンディングの対象者

 事業者は、当該地の活用の実施主体となる意向を有する法人又は法人グループとします。


※その他、詳しくは実施要領をご覧ください。

実施要領・様式等

お問合せ

東大阪市 経営企画部 資産経営室 

電話: 06(4309)3017

ファクス: 06(4309)3826

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


旧三ノ瀬小学校敷地等の有効活用に向けたサウンディング型市場調査への別ルート