ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

東大阪市文化複合施設整備におけるサウンディング型市場調査

[2018年09月25日]

ID:23173

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(平成30年11月16日)調査結果を公表します

(平成30年9月25日)質問及び回答を掲載します

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

東大阪市文化複合施設整備におけるサウンディング型市場調査を実施します

調査の目的

 この調査は、本市が平成25年11月に策定した「東大阪市公共施設再編整備計画」に基づき、現在東部地域仮設庁舎(東大阪市南四条町1番1号)として利用している建物を改修し、四条図書館、郷土博物館、埋蔵文化財センター及び市史史料室が入居する文化複合施設として整備するにあたり、民間活力導入の可能性を検討するための調査です。また後述するように、設計施工一括発注方式(デザインビルド方式(以下、「DB」といいます。))による整備の実現可能性を調査することを目的としたものです。

 文化複合施設の整備は、平成27年3月に策定した「東大阪市立図書館基本構想」及び「文化財施設再整備基本構想」を基に、平成30年6月に「文化複合施設整備基本計画」(以下、「基本計画」といいます。)を策定し、現在、基本設計・実施設計を行う段階にあります。

 一方で、基本計画策定と同時に実施した民間活力導入の可能性調査の結果、PFI又はDBO方式による事業実施では、市の条件に合った参画意向が得られないことが判明しました。

 本市としては、さらなる民間活力の導入を検討する必要があることから、DBを念頭に置いた事業実施の可能性調査を行うべきとの考えにより、このサウンディング型市場調査(以下、「サウンディング」といいます。)を実施することとしました。

調査にあたっての主な前提条件

 文化複合施設の整備にあたっては、基本計画に則った整備を行うことが前提となりますが、その他にも、スケジュールや工程、各施設の課題などを整備の前提条件として設定しています。また、これらの前提条件のみに拘ることなく、さまざまな観点からの柔軟な対話を求めています。

サウンディングの実施概要

調査の名称

東大阪市文化複合施設整備におけるサウンディング型市場調査

調査のスケジュール

調査のスケジュール

日程

内容

平成30年8月20日(月曜日)

実施要領の公表

平成30年9月5日(水曜日)

現地見学会申込締切

平成30年9月11日(火曜日)

現地見学会

平成30年9月18日(火曜日)

質問受付締切

平成30年9月25日(火曜日)

質問回答

平成30年10月5日(金曜日)

(受付開始は8月29日(水曜日)から)

参加申込受付締切

(エントリーシート提出期限)

平成30年10月9日(火曜日)

サウンディング実施日時及び場所の連絡

平成30年10月10日(水曜日)

事前ヒアリングシート提出期限

平成30年10月15日(月曜日)~18日(木曜日)

サウンディング実施

平成30年10月22日(月曜日)~26日(金曜日)

実施結果概要の公表

サウンディングの対象者

 対象者は、事業実施主体となる意向を有する法人又は法人グループとします。

※その他、詳しくは実施要領をご覧ください。

実施要領・様式等

お問合せ

東大阪市 人権文化部 文化室 文化財課 

電話: 06(4309)3283

ファクス: 06(4309)3823

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム