ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅(セーフティネット住宅)の登録基準・様式

[2018年2月1日]

ID:21605

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅(セーフティネット住宅)登録の基準

貸主の方は、定められた要件を満たす住宅を、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅として登録することができます。

なお、申請は「セーフティネット住宅情報提供システム」(外部サイトに移動します)より行ってください。

また、登録の際は、事前に東大阪市住宅政策室(電話:06-4309-3232)へご連絡ください。

主な登録条件

  • 床面積の規模が18平方メートル以上であること
  • 一定の設備(台所、便所、収納設備、洗面、浴室)を設置していること
  • 消防法・建築基準法等の法律にもとづく命令及び条例の規定に適合していること
  • 一定の耐震性(新耐震基準)を確保していること
  • 家賃が近傍同種の住宅と均衡を失しないこと  など

詳細については、以下の住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅登録基準をご参照ください。

また、東大阪市住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅事業の登録等に関する要綱で登録に係る運用基準や登録申請に必要な書類を定めています。

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅(セーフティネット住宅)登録の様式

登録申請前の事前協議

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅を登録したい方は、登録窓口の住宅政策室との事前協議をお願いします。

特に国の補助金を活用した改修工事をお考えの場合は、工事の計画や入居開始までのスケジュールなど事業全体がまとまった早い段階でのご相談をお願いします。

登録申請時に必要な書類

登録の際に必要な書類は、「必要な提出書類一覧」をご確認ください。

提出書類

耐震改修工事完了報告書

変更の届出

登録事項等に変更があったときは、変更があった日から30日以内に届出が必要です。

「セーフティネット住宅情報提供システム」(外部サイトに移動します)で変更届出書を作成し、変更があった内容がわかる書類を添付して提出してください。

その他

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅事業廃止届出書

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅管理状況報告書

住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅改善状況報告書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 建設局 建築部 住宅政策室 

電話: 管理・総務チーム:06(4309)3231、企画推進チーム:06(4309)3232

ファクス: 06(4309)3834

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています