ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

PCB含有電気機器の保有に関する調査について

[2017年03月02日]

ID:16875

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

PCB含有電気機器の保有に関する調査について

 古い高圧受電設備(変圧器・コンデンサー等)や照明器具(蛍光灯等)の安定器等には、人体に有害なポリ塩化ビフェニル(PCB)を含有するものがあり、それらは法律で定める期限までに事業者の責任において専門の処理施設で処分する必要があります。しかし、PCB含有電気機器を保有していることに気付かず、処分期限(高濃度PCB廃棄物については令和3年3月31日・低濃度PCB廃棄物については令和9年3月31日まで)を過ぎてしまった場合は、処分ができなくなりますので注意が必要です。

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)の詳細についてはこちら

  貴社の工場・事業場(既に廃止されたところも含む)を点検していただき、その結果を調査票にご記入のうえ、下記提出先までご返送ください。

 調査票は下記からダウンロードすることができます。電子媒体での提出をご希望の場合は、下記のメールアドレスに提出してください。

 (提出時、受信確認メールは送信されませんのでご注意ください。)

 なお、本市では、PCB含有電気機器を保有している可能性があるとされている、環境省から提供のあった「自家用電気工作物設置者」の皆さんを対象に、機器の保有状況について調査票を順に郵送しています。

提出方法

郵送・ファクス・メール

提出先・問合せ先

〒577-8521

東大阪市荒本北一丁目1番1号  15階

東大阪市 環境部 産業廃棄物対策課

電話番号 06-4309-3207(直通)

ファクス  06-4309-3829

報告用電子メールアドレス

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東大阪市 環境部 産業廃棄物対策課 

電話: 06(4309)3207

ファクス: 06(4309)3829

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


この記事を見ている人はこんな記事も見ています