ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

ご存じですか?「栄養成分表示の店」

[2020年8月25日]

ID:1850

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

栄養成分表示の店プレート参照

毎日の食事において、外食や市販惣菜を利用する機会が増えています。自分に必要なエネルギーや栄養素の量を知り、食事を上手に選ぶことが「健康づくり」への第一歩です。
東大阪市では、利用者に適正な栄養情報を提供し、健康づくりを応援してくれるお店を「栄養成分表示の店」として指定しています。令和2年7月末現在で約460店舗が指定されています。このプレートが目印です。

栄養成分表示の見方

指定店でよく食べられている主なメニューについて、1食のエネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物・食塩相当量を表示しています。

主なメニューの栄養成分一覧
「栄養成分表示の店」では、不足しがちでたっぷり摂りたいもの、過剰に摂りがちで控えたいものの基準を満たしたメニューにシールが付いています。メニュー選びの参考にしてください。
「ひかえめ」「たっぷり」の基準 
 項目一人分のメニュー総菜など単品メニュー(100g中)
野菜たっぷり120g以上70g以上
カルシウムたっぷり200mg以上
鉄分たっぷり3mg以上
エネルギーひかえめ670kcal以下40kcal以下
脂質ひかえめ17g以下3g以下
塩分ひかえめ3g未満

0.3g未満

外食を上手に利用するために

食事は主食、副菜、主菜を上手に組み合わせてバランスよく食べましょう!

「食事バランスガイド」とは、1日に「何」を「どれだけ」食べたらよいかが一目でわかる食事の目安です。主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5つのグループの料理・食品を組み合わせてバランスよくとれるよう、コマにたとえてそれぞれの適量をイラストでわかりやすく示しています。

食事バランスガイド

適正体重・適正エネルギーを確認してみましょう

適正体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

目安とする1日の摂取エネルギー(kcal/日)=適正体重(kg)×身体活動量

<身体活動量>

25~30 :軽い労働(デスクワークの多い職業など)

30~35 :普通の労働(立ち仕事が多い職業など)

35~   :重い労働(力仕事が多い職業など)

*自分に見合ったエネルギーの食事を摂りましょう。

*治療中の方は、主治医の指示に従いましょう。

野菜をしっかり食べましょう

野菜は1日350g(小鉢5つ分)を食べましょう!

  • 野菜が多く使われているメニューを意識して選びましょう。
  • 付け合わせの野菜も残さず食べましょう。
  • 野菜が不足しがちな麺や丼などの一品ものには野菜の小鉢を追加しましょう。

減塩を心がける

食塩は1日あたり男性7.5g未満、女性6.5g未満が目標です。

  • 麺類の汁には塩分が多く、含まれています。飲み過ぎないようにしましょう。
  • ソースや醤油は味見をしてからかけましょう。

 

ご存じですか?栄養成分表示の店

大阪府下においても、大阪ヘルシー外食推進協議会が「メニューの栄養成分表示」「ヘルシーメニューの提供」「ヘルシーオーダー」「たばこ対策」など、健康づくりを応援する店を「健康づくり応援団」として指定しています。東大阪市の「栄養成分表示の店」も「健康づくり応援団」になっています。

大阪ヘルシー外食推進協議会ホームページはこちら(外部サイトに移動します)

市民の健康づくりを応援する「栄養成分表示の店」を募集しています。

栄養価計算等はご相談に応じます。費用は無料です。お気軽にお問合わせください。

申し込み・問合せ先

保健所健康づくり課

お問合せ

東大阪市 健康部   保健所 健康づくり課 

電話: 072(960)3802

ファクス: 072(960)3809

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問合せフォーム


ご存じですか?「栄養成分表示の店」への別ルート