校章

   

校章校章や校歌には創立時の感激と発展への祈りが込められています。

校章は初代山川喜久三校長のデザインによるもので、中央の3つの「玉」は学校・保護者・校区の人々の連携する姿をあらわしています。外周は「し」を9つあしらって、玉串の「串」をあらわすと共に、校区特産の夏菊の花びらを象っています。
この校章の示すように、学校・保護者・校区の人々が子どもの「しあわせ」を求めふくいくと香る夏菊のように校名を高揚したいと祈念されたものです。
校歌には心の美しさ、ものの美しさ、社会の美しさを願って、歌詞に「うつくしく 玉串小学校」と謳いあげています。

                   

     

玉串小学校校歌

     作詞 山川喜久三
     作曲 山田 顕二

1、さみどりはえる 生駒ねを
  仰ぐのぞみに かがやく眼
   みんなそろって 見開いて
    ともにはげまし 進もうよ
     心ひとつに 伸びようよ
      ああ うつくしく玉串小学校

2、歴史の香り 残る地に
   学ぶまことに ひらく胸
    みんなあつまり 考えて
     光もとめて みがこうよ
      ちえをあわせて 伸びようよ
       ああ うつくしく玉串小学校

3、夏菊におう 河内野に
   つなぐちからに あふれる手
    みんな仲良くとりあって    
     肩をならべて歩こうよ
      元気いっぱい伸びようよ
       ああ うつくしく玉串小学校


学校案内


正門をくぐりますと、鯉の泳ぐ池とそれを囲むように、暖かさを感じさせ、四季折々花に彩られたウッドデッキがあり、子どもたちの学びと憩いの場になっています。校内は緑も多く校庭も広いため休憩時には、多くの子どもたちの元気よく遊ぶ光景が見られます。
また校区には、田畑もあり電照菊などの花の栽培が盛んで夏菊の特産地として有名です。 

本校では総合的な学習を研究教科として長年取り組み、国語科、算数科にも視点を当てて研修に取り組んでまいりました。
これまで「総合的な学習・国語・算数」と研究の中心教科の変遷はあっても、「表現力→コミュニケーション力→生きる力」を培うことを根底としており、あらゆる教科・活動を通して、「豊かな表現力」を育て、活かし、「学び」や「人との結びつき」につなげていきたいと考え、取り組んでおります。
  また、子どもたちの生活に密着した教育、想像力を重視した教育も継続して進め、地域の方々に協力をいただき、校区の特色を生かしながら「開かれた学校」づくりに取り組んでおります。これからも玉串小の子どもたちにとって、また地域・保護者の皆様にとってより素晴らしい学校となりますよう取り組んでまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。最後になりましたが、日頃の保護者、地域の皆様方のご理解とご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。