(1) 本校の教育目標

   

  確かな学力をもち、心豊かに生きる子どもの育成

 

 

○ めざす子ども像

 

たくましい子

まなびあう子

がんばりぬく子

わかりあう子

  

○ めざす学校像

 

美しい学校

 

○ めざす教師像

 

子どもファーストで行動する教師

 


 

(2) 教育目標を達成するための基本方針

 

(1)

 

 

 

教育目標の2本柱である児童の「学力向上」と「豊かな心」の育成を図るため、「チーム学校」としてその実現をめざす。授業づくりを根幹に据え、授業研究を充実させる

 

(2)

 

 

 

 

 

人権教育を学校教育の基盤に据え、豊かな人間関係に基づく集団づくりを大切に、心身ともに健全で実践力のある「気づき、考え、実行する」児童の育成を図る。また、学び「に向かう力を涵養し、「主体的・対話的で深い学び」の視点から学習過程を改善する

 

(3)

 

 

 

教職員自身が鋭い人権感覚をもち、「見通しをもった活動、『みんな学校の子』の意識、見過ごさない」(他人事は自分事)の3つの「み」を具体的行動規範とする

 

(4)

 

DCAPサイクルを確立して、学校運営の効率化や教育課程の質の向上を図る

  


   

(3) 指導の重点

 

○ 確かな学力の向上

 

学力向上支援コーディネーターを中心に、学力の実態把握と分析に努め、学力向上の取り組みを推進する

 

学習規律の構築とともに、中学校区「学びのスタンダード」を確実に実施する。

「わかる楽しさ」「できる喜び」を味わえる授業を展開する

 

主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて、指導方法の工夫改善を図る

 

 

読書活動の一環として「朝の読書」や読み聞かせ等により読書に親しみ一日の良い学習スタートを切るとともに、言語活動の充実を図る

 

 

45分間の授業を大切にするとともに、放課後の補充的学習である「サポートデイ」を充実させ、学習が「わかる・できる」喜びを実感させ、意欲を喚起し自尊感情を高める

 

保護者との連携を図り家庭での学習習慣や読書習慣から自主学習へと学習意欲につなげる

  

○ 授業力・実践的指導力の育成

 

 

教職員自らが研鑽に励み、実践的指導力・資質向上を図るため、講師等を招聘して授業研究の充実を図る

 

 

 

 

校内研修計画の充実とともに、中河内教育課程研修会ほか校外研修会等への参加に伴い伝達講習を実施して、指導力向上を図る

 

 

 

年間1人1回、「公開授業研」を実施し、研修に励み互いに授業力向上を図る

 

 

 

 

同学年における一部「教科担任制(交換授業)」を実施して、多方面から児童理解を深めるととともに、教員の授業力向上を図る

 

 

 

 

授業時数を確保し、指導方法の工夫改善を図り、個に応じたきめ細かな指導・支援を通して、すべての子どもに学力の定着・向上を図り、個性の伸張に努める

 

 

 

 

「特別の教科道徳」の実施に向けて、研修を深めるとともに、「道徳の時間」授業参観等において学校の教育活動等を周知する機会とする

 

 

 

 

外国語(英語)に慣れ親しませながら、コミュニケーション能力の素地を養わせる取組みを推進するとともに、「英語村」等を活用して、英語の教科化に備え教員研修を深める

 

 

各教科の基礎・基本を重視し、思考力・判断力・表現力の育成をめざした授業力・指導力の向上を図る
   

○ 豊かな心の育成

 

 

 

鋭い人権感覚の育成を図り、豊かな人間性をはぐくみ、一人ひとりの人権・いのちを尊重し、可能性やよさを認め合い支えあい励ましあう集団づくりに努める

 

 

 

 

道徳教育の推進…全体計画、年間計画を作成し、道徳の時間や学校の教育活動 全体を通して、豊かな人間性、規範意識、自尊感情や他尊感情を育成する

 

 

 

生徒指導体制を確立し、全教職員で子ども理解に努め、諸問題の未然防止と早期発見・早期対応に努め、組織的に解決を図る

 

 

 

すべての教職員が障がいについて理解を深め、「ともに学び、ともに育つ」特別支援教育の充実を図る

 

 

相手意識を育て、思いやりの心をはぐくむ指導を行う

 

 

○ 健やかな体の育成

 

 

自発的・自主的な特別活動や体育的活動を進め、健康でたくましい心身を育てる 

 

 

 

 いのちの学習等を通して、自らの命の大切さや健康について理解する指導の充実を図り、けがの防止に向けた指導を徹底する

 

 

食育の充実を図り、学校給食はじめ健全な食生活の実践力を養う

 

○ 生徒指導体制の確立

 

「東大阪市いじめ防止基本方針」「学校いじめ防止基本方針」のもと、毅然とした態度で指導を行う。

 

  1. 規律(きちんと授業を受けさせる) 
  2. 学力(子どもがわかる授業をして基礎的な学力をつけ
    させる)
  3. 自己有用感(他人から認められていると実感できる場
    をつくる)

 

 

「いじめ・不登校」の未然防止に取組み、早期発見・早期対応に努める

 

 

 

教職員一人ひとりが児童の変容に敏感になり、児童理解を深め、全教職員が一致した生徒指導体制を確立する

 

 

 

「学校のきまり」をはじめルールを順守する規範意識を育て、教職員の誰もが「見逃さない、その場で、繰り返し粘り強く、誰もが同じ姿勢で」指導する

 

○ 安全・安心な学校、開かれた学校

 

「東大阪市いじめ防止基本方針」「学校いじめ防止基本方針」のもと、毅然とした態度で指導を行う

 

  1. 規律(きちんと授業を受けさせる) 
  2. 学力(子どもがわかる授業をして基礎的な学力をつけ
    させる)
  3. 自己有用感(他人から認められていると実感できる場
    をつくる) 

 

 

「いじめ・不登校」の未然防止に取組み、早期発見・早期対応に努める

 

 

 

 

「学校のきまり」をはじめルールを順守する規範意識を育て、教職員の誰もが「見逃さない、その場で、繰り返し粘り強く、誰もが同じ姿勢で」指導する

 

 

 

 

教職員一人ひとりが危機管理意識を持ち、保護者・地域・愛ガード協力員等の方々の協力を得ながら、安全管理・安全指導を充実させ、安心・安心な学校生活に努める

 

 

 

保護者や地域との連携のもと、開かれた学校づくりに努めるとともに、中学校区ブロックにおける連携教育の充実を図り、学校だより、HP等を通して情報発信する。