災害警報発令時の対応について    

市教委より本年度「特別警報」に関する追記がありましたので、更新いたします。

平成26年6月

上記の件について、下記の要領により対応しますので、子どもたちが安全に登下校園できますようご配慮、ご指導をお願い致します。

 

東大阪市に台風接近に伴う警報
 (暴風・大雨・洪水いずれか一つでも)が
発令された時

 1.午前7時現在、警報が発令されている場合(学校は臨時休業となります)

登校させないでください。
 2.午前7時~8時30分までの間に警報が発令された場合
  (学校は臨時休業となります)

子どもがまだ在宅している場合は、登校させないでください。


子どもが登校中、またはすでに登校している場合は、安全に配慮して下校させます。


保護者が不在、または居住地域に危険のおそれのある子どもは、学校で一時保護します。

 3.午前8時30分以降に警報が発令された場合
   (給食実施は発令時刻等により学校判断)

子どもは安全に配慮して下校させます。


保護者が不在、または居住地域に危険のおそれのある子どもは、学校で一時保護します。

 

東大阪市に震度5弱以上の地震が発生した場合 

 1.登校園前に発生した場合 (その日は臨時休業となります)

登校させないでください。
 2.在校園中に発生した場合(安全確保を優先して対応に当たります)

 

東大阪市に震度4以下の地震が発生した場合

 1.原則として臨時休業にはなりませんが、被災状況等により
   臨時休業になる場合もあります

 

東大阪市に特別警報(暴風・大雨・地震等がいずれか一つでも、台風接近に関わらず)が発令された時 

1.午前7時現在、特別警報が発令されている場合(学校は臨時休業となります)

登校させないでください。
2.午前7時~8時30分までの間に特別警報が発令された場合
   (学校は臨時休業となります)

子どもがまだ在宅している場合は、登校させないでください。

子どもが登校中、またはすでに登校している場合は、学校で一時保護します。


特別警報が解除された場合は、屋外の状況や避難指示・勧告等に留意し、安全に配慮し帰宅させるか、引き続き一時保護します。

3.午前8時30分以降に特別警報が発令された場合

子どもは学校で一時保護します。

特別警報が解除された場合は、屋外の状況や避難指示・勧告等に留意し、安全に配慮し帰宅させるか、引き続き一時保護します
 

 


 

 

 

東大阪市におきましては、警報・注意報等と東地区・中地区・西地区等の地域により災害の実態が異なる場合がありますが、最悪の事態を想定して安全を確保するために市内共通の基準を定めております。




お子さんを学校で待機させ、保護者の迎えを待たせるなどの対応を希望される場合は、日ごろからお子さんにしっかり伝えるとともに、学校(担任)にも連絡しておいてください。特に、警報が発令されそうなときには、前もって対応の仕方等について確認をお願いします。

注意報のみが発令されている場合は、平常どおり授業を行います。

 

 

警報等についての情報は、以下の方法で入手してください。
NHKテレビ( 6:53700 「ローカルニュース・気象情報」 テロップでも市町村ごとに警報等の情報が流れます。

気象庁ホームページ   http://www.jma.go.jp/jma/index.html





「おおさか防災ネット」   http://www.osaka-bousai.net/

*携帯メールアドレスを「おおさか防災ネット」に登録すると防災情報が配信されます。⇒ touroku@osaka-bousai.net に空メールを送信して手続きを行うことができます。配信地域選択の「市町村指定」で、「東大阪市」を選択すれば、警報等が発令された時に情報がメール配信されます。