校章
東大阪市立 日新高等学校
全日制

トップページ校長からのご挨拶国際交流入試行事予定 ///東大阪学校リンク
 
日新高校のこと学校への地図各科について部活動  ///定時制ホームページへ
本文へジャンプ
 沿革
  大正10年  6月 私立大正学校として大阪市内淀川橋に創立される
  大正10年 10月 北河内郡古川橋に移転
  大正11年  4月 第1回入学式を挙行する(新入生165名)
  大正12年  3月 校名を日新商業学校と改める 
  大正13年  4月 中河内郡布施町荒川(現東大阪市三ノ瀬2丁目48)の地に移転する
  昭和 9年  9月 室戸台風襲来し、中央校舎倒壊
  昭和11年  1月 3階建1,000坪鉄筋校舎竣工し、日新の偉容なる
  昭和19年  3月 政府の、商業より工業への転換措置に応じ、日新工業と校名を変更する
  昭和21年  4月 終戦に伴い、元の日新商業学校に校名を転換
  昭和23年  9月 布施市に移管され、布施市立日新高等学校となる
  昭和25年  4月 定時制併設される
  普通科がはじめて併設される
  昭和26年  4月 男女共学制実施
  昭和42年  2月 布施、河内、枚岡三市合併にともない、東大阪市立日新高等学校となる
  昭和49年  8月 東大阪市日下町7丁目9番11号に 敷地面積 42,556平方メートル、
  建築面積 3,382平方メートル、床面積 11,832平方メートル、
  鉄筋4階建の新校舎竣工なり、三ノ瀬の旧校舎より移転する
  昭和50年  4月 学則改正により、生徒数1500名、30クラス編成となる
  昭和50年  8月 体育館竣工
  昭和52年 12月 定時制管理棟完成し、三ノ瀬校舎より移転完了
  昭和54年  6月 プール完成
  昭和60年 10月 PCゼミ方式による最新の情報処理教室完成
  平成 1年  8月 PCゼミ方式による最新のワープロ専用教室完成
  平成 6年  4月 英語科を新設
  平成 8年  3月 東大阪市、グレンデール市間の交換留学事業により、
  英語科生徒をグレンデール市へ派遣。(以後、毎年実施)
  平成 8年 11月 東大阪市、米グレンデール市間の第1回姉妹都市 交換留学事業により、
  米グレンデール市立高校生受け入れを開始。(以後、毎年実施)
  平成 9年  7月 オーストラリア語学研修を開始。(自由参加。対象は全生徒)
  平成10年  9月 校内空調システムが完成し、全室冷暖房が完備。
  平成11年  5月 英語科2年で始めての海外修学旅行(マレーシア・シンガボール)を実施
  平成20年  4月 普通科が普通科総合選択制となる
  平成20年  6月 第2トレーニングルーム完成
 

このページのトップへ