植村 佳央 校長

 

 

本年度4月より、縄手南小学校に着任いたしました植村佳央(うえむらよしひで)と申します。私は4年前まで3年間、縄手南中学校教頭として勤務させていただいており、縄手南校区の皆様方には大変お世話になりました。この度、小学校の校長として地域に帰って参りました。昨年度創立五十周年を迎えたこのような伝統ある学校に着任させていただいたことを大変光栄に思っております。このよき伝統と校風を受け継ぎ、さらに発展させることができますよう、全力で教育活動に専念して参ります。

 3月末に校区をまわらせていただくと、4年前と全く同じ光景がたくさん見られ、大変懐かしく感じ、感激いたしました。大きく変わったのは、平成31年度の義務教育学校開校に向けての取り組みが大きく進化していること、これからこども園・中学校・保護者や地域の皆様方と一体となって進めていかなければならない使命感などを感じております。

4月に入り、地域のいろいろな場所で縄手南中学校勤務時代にお世話になった人たちに”再会”させていただくことで大変緊張している中、心がホッとしました。また何人もの人たちが、わざわざ校長室まで来てくださり、「お帰りなさい。」、「お待ちしておりました。」、「またがんばってください。」などの激励の言葉をいただき、大変心強く感じております。これから、保護者や地域の皆様方のご支援・ご協力をいただきながらがんばって参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。